So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
アソシエイツ ブログトップ

THE FOURTH DRAWER DOWN / THE ASSOCIATES [アソシエイツ]

DSCF3370.jpg


 01. White Car in Germany
 02. A Girl Named Property
 03. Kitchen Person
 04. Q Quarters
 05. Tell Me Easter's on Friday(イースターの金曜日)
 06. The Associate
 07. Message Oblique Speech(歪んだメッセージ)
 08. An Even Whiter Car
 09. Fearless (It Takes a Full Moon)
 10. Point Si
 11. Straw Towels
 12. Kissed
 13. Blue Soap

 
 キュアーのレーベルFictionから『The Affectionate Punch』(80年)をリリースした後、ベガーズ・バンケット傘下のSituation2へ移籍して81年にリリースした2枚目。6枚のシングルを集めたコンピレーションで、日本で最初に紹介されたアソシエイツの作品(邦題は『碧い幻』)でもあった。もっとも、雑誌『ミュージック・ライフ』での評価は5点満点の2点(理由は「暗すぎる」)と芳しいものではなかった。オリジナルのアナログに収録されていたのは01~08で、09~13は2000年にV2からリイシューされた時に収録されたボーナス・トラックである。
 Fictionを離れた後の最初のシングルは、メジャーのRSOから39 Lyon Streetの名義で81年5月に発表された「Kites」で、02はそのB面曲。B面はアソシエイツ名義である(「Kites」はアソシエイツの2枚組ベスト盤『SINGLES』に収録されている)。その他のカップリングは01/06(81年12月)、03/08(81年8月)、04/12(81年6月)、05/11(81年7月)、07/13(81年10月)。81年の5月から12月の8ヶ月間に6枚のシングルというハイペースでのリリースで、しかもすべてがハイクオリティという驚異的な時期である。アルバム全体を包むダークで冷んやりとした感覚は、シングルの寄せ集めながらも統一感が感じられ、このアルバムを聴いていた高校時代の夏の夜、窓から流れ込んでくる風を思い出す。ビリー・マッケンジーのハイ・トーン・ヴォーカルに、アラン・ランキンのシンセが絡むアソイエイツ独特の世界はこの時期に確立されたと言っていい。「音の万華鏡」とも称された彼らの世界は、さらにポップさも加えた最高傑作『SULK』へと向かう。『SULK』の評価の高さゆえに見過ごされがちだが、アソシエイツ、特にアラン・ランキン在籍時の彼らの本質は、ニュー・オーダーやザ・スミス同様にシングル重視のバンドだ。その意味でこのアルバムは、彼らの魅力をよく伝えるコンピレーションだと言える。
 
 2016年には2枚組となってリイシューされた。Disc1はオリジナルの8曲で、Disc2には以下の8曲が収録されている。

 01. Straw Towels
 02. Kissed
 03. Fearless (It Takes A Full Moon)
 04. Point Si
 05. Blue Soap
 06. The Tree That Never Sang
 07. Straw Towels (Demo)
 08. Q Quarters (Demo)









nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

THE AFFECTIONATE PUNCH / THE ASSOCIATES [アソシエイツ]

IMG_1309.JPG


1980 ORIGINAL ALBUM
 01. The Affectionate Punch
 02. Amused as Always
 03. Logan Time
 04. Paper House
 05. Transport to Central
 06. A Matter of Gender
 07. Even Dogs in the Wild
 08. Would I... Bounce Back
 09. Deeply Concerned
 10. A
 【Bonus Tracks】
 11. You Were Young
 12. Janice
 13. Boys Keep Swinging (Mono)
 14. Mona Property Girl

1982 REMIX ALBUM
 01. Amused As Always
 02. The Affectionate Punch
 03. A Matter of Gender
 04. Would I... Bounce Back
 05. A
 06. Logan Time
 07. Paper House
 08. Deeply Concerned
 09. Even Dogs in the Wild
 10.Transport to Central

 アソシエイツのデビューアルバムは、1980年にリリースされたが、2年後の82年にリミックス盤がリリースされた。私が先に聴いたのはリミックス盤の方。メンバーの2人ともリミックス盤はあまり気に入らなかったそうだが、私はリミックス盤の方が好きだ。
 オリジナルはキュアーのフィクション・レコードからリリースされたこともあり、キュアー的なポスト・パンク・サウンド。一方のリミックス盤は、後の作品につながるシンセが大々的にフィーチャーされ、カラフルかつゴージャズな音作りになっている。曲順もかなり入れ替わっているが、「Amused As Always」から始まって「Transport to Central」で終わるという流れが馴染んでしまって、イントロもリミックス盤とはかなり違う「The Affectionate Punch」のオープニングには、ちょっと違和感を感じてしまう。とはいえ、万華鏡のようなサウンド・プロダクションを欠いている分、ビリーのヴォーカルはデビューの時点から卓越していたことがわかるのも事実。なかでも「Deeply Concerned」のヴォーカルの凄さは、オリジナル盤を聴いて改めて認識した。
 オリジナル盤にはキュアーのロバート・スミスもバッキング・ヴォーカルでクレジットされているが、どの曲に参加しているのか、注意して聴いてみたけど聴き取れなかった(タイトル・ナンバーに参加しているという記事もみかけたが)。またオリジナル盤のプロデューサーとしてクレジットされているマイク・ヘッジズの経歴も面白い。彼が手がけた作品は、そのままUKニュー・ウェイヴの歴史と言っていいくらい。
 https://en.wikipedia.org/wiki/Mike_Hedges#Discography



Affectionate Punch

Affectionate Punch

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Piau/
  • 発売日: 2016/05/06
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
アソシエイツ ブログトップ