So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ジャパン ブログトップ

THE WAKING HOUR / DALI'S CAR [ジャパン]

DSCF3364.jpg


THE WAKING HOUR / DALI'S CAR
 01. Dalis Car
 02. His Box
 03. Cornwall Stone
 04. Artemis
 05. Create And Melt
 06. Moonlife
 07. The Judgement Is The Mirror

 元JAPANのベーシストのミック・カーン(2011年に52歳で死去)と、元バウハウスのヴォーカリストのピーター・マーフィーの2人が結成したユニット、ダリズ・カーが1988にリリースしたアルバム。商業的にはヒットしなかったが、ミックのグニョグニョと蠢くフレットレス・ベースに、ピーターのヴォーカルが絡んだユニークでオリジナリティに溢れた作品。ダリズ・カーは私が敬愛する二人のアーティストが組んだユニットであり、出てくる音がどんな曲であれ受け入れるつもりであったが、正直期待以上の作品であった。
 私が最初にミックのフレットレス・ベースに注目したのは、JAPANの「エイント・ザット・ペキュリアー」で、エスニック寄りのアフロ・ファンクなテイストがとても印象的な曲だった。一方のピーター・マーフィーといえば、「ブルガリアン・ヴォイス」を4ADのアイヴォに紹介したエピソードからも知られるように、「西アジアに近いヨーロッパ」の要素を持っている。トランシルヴァニアの森に棲むドラキュラ。この二人の美学が、(決して混じり合うことはないが)よく感じられる作品だ。バックの演奏はほとんど歌メロを演奏しておらず、ベーシック・トラックにピーターがヴォーカルを被せている感じ。
 ジャケットのアートワークは、20世紀前半に活躍したアメリカの挿絵画家・イラストレーターであるマックスフィールド・パリッシュ(1870~1966年)の作品「Daybreak」 (1922)。彼の作品は「パリッシュ・ブルー」とも称される澄んだ独特の青色で知られるが、特に3曲目「Cornwall Stone」から感じられる雰囲気にマッチしているように思われる。



Ain't That Peculiar / JAPAN


ブルガリアン・ヴォイス(4AD)


The Judgement Is The Mirror / DALI'S CAR


 ミック・カーンは 2011年1月4日に亡くなるが、彼は自分が癌に冒されていることを死の前年に公表していた。彼は亡くなる直前の2010年秋、ピーターと再度スタジオに入って数曲のレコーディングを行い、それらの曲は彼の死後全5曲のミニ・アルバム『IN GLAD ALONENESS』としてリリースされた。まさにスワン・ソングである。
 01. King Cloud
 02. Sound Cloud
 03. Artemis Rise
 04. Subhanallah
 05. If You Go Away
 ミックスとドラムを元JAPANのスティーヴ・ジャンセンが行っており、彼は「If You Go Away」(シャンソン「行かないで」のカヴァー)のアレンジも担当している。オリエンタルな「Sound Cloud」、『THE WAKING HOUR』に収録されていた「Artemis」のヴォーカル入りヴァージョン「Artemis Rise」など、前作の流れを踏襲した音作り。ラストの「If You Go Away」はミックへのレクイエムのようで、感動的だ。


ウェイキング・アワー(紙ジャケット仕様)

ウェイキング・アワー(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インペリアルレコード
  • 発売日: 2004/08/25
  • メディア: CD



ウェイキング・アワー

ウェイキング・アワー

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インペリアルレコード
  • 発売日: 2005/12/16
  • メディア: CD



INGLADALONENESS

INGLADALONENESS

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: KSCOP
  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: CD



The Waking Hour

The Waking Hour

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Beggars UK - Ada
  • 発売日: 2007/05/21
  • メディア: CD



InGladAloneness

InGladAloneness

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Fifty One Records
  • 発売日: 2012/04/04
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

GENTLEMEN TAKE POLAROIDS / JAPAN [ジャパン]

7000024868400if.jpg


 『孤独な影』ジャパン
   1. 孤独な影
   2. スウィング
  3. バーニング・ブリッジズ
  4. マイ・ニュー・キャリアー
  5. メソッズ・オブ・ダンス
  6. エイント・ザット・ペキュリアー
  7. ナイトポーター
  8. テイキング・アイランズ・イン・アフリカ
   (ボーナス・トラック)
  9. ジ・エクスペリエンス・オブ・スイミング
  10. ザ・ウィドゥス・オブ・ア・ルーム
  11. テイキング・アイランズ・イン・アフリカ(スティーヴ・ナイ・リミックス)


 完成度としてしては次の『錻力の太鼓』の方が上だと思いますが(「作品としてまとまっている」という意味です)、私が最も好きな彼らの作品はこのアルバム(1980年)。彼らの4枚目にあたります。前の『クワイエット・ライフ』で垣間見えていた耽美な世界が、完成された作品だと言えるでしょう。
 シンセサイザーを多用し、エレクトロニクスへの傾倒が顕著な一方でギターの役割はかなり後退していますが、そのことは独特な音空間を構築することに大きく貢献しています。そしてミック・カーンの「変態的」とでも言いたくなるベースのうねり方。暗闇で冷たく輝く青白いランプ、というイメージです(ジャケット写真もそんな感じですよね)。曲のタイトルやリズムは、少々トライバルな印象を受けますが、全体的にヨーロッパ的な美意識を強く感じさせる作品です。3や7などは、シルヴィアンのソロ作品にも通じるものを感じます。
 白眉はスモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズのカヴァーである6。彼らのブラック/ファンク志向は以前からありましたが(同じくミラクルズの「アイ・セカンド・ザット・エモーション」のカヴァーなど)、これは強烈。変則的なリズムに乗ってグニョグニョと縦横にうごめくミック・カーンのフレットレス・ベース、変態リズム隊に絡むクールなシンセとデヴィッドの重い粘着質のヴォーカルも素晴らしい。

 曲調事態はバラエティに富んでいて、悪く言えば統一感に欠ける印象も受けますが、アルバム全体に漂うヒンヤリとした夜の冷たい空気を感じさせる雰囲気は、統一感を感じます。「孤独な影」の後半部の演奏を聴きながら、夢見るように眠りたい......
 現行盤に収録されているボーナストラックは、、「The Experience Of Swiming」(「孤独な影」の12インチに収録)、「The Width Of A Room」(同)、「Talking Islands In Africa (Steve Nye remix)」(「Visons Of China」のB面) の3曲。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ミック・カーンが死去 [ジャパン]

今夜は、
    『孤独な影』
    『ザ・ウェイキング・アワー』
    『ドリームス・オブ・リーズン』    を聴くことにしよう。  Rest in Peace.
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
ジャパン ブログトップ