So-net無料ブログ作成
検索選択
イッツ・イマテリアル ブログトップ

LIFE'S HARD AND THEN YOU DIE / IT'S IMMATERIAL [イッツ・イマテリアル]

IMG_1311.JPG


【2003 release edition】
 01. Driving Away From Home (Jim’s Tune)
 02. Happy Talk
 03. Rope
 04. The Better Idea
 05. Space
 06. The Sweet Life
 07. Festival Time
 08. Ed's Funky Diner
 09. Hang On Sleepy Town
 10. Lullaby
 11. Washing The Air
[Bonus Track]
 12. Ed's Funky Diner (The Keinholz Caper)
 13. Driving Away From Home (I Mean After All It's Only Dead Man's Curve)


 80年代のUKニュー・ウェイヴの「何でもアリ」感を体現していたのがIt's Immaterialの1stアルバム。アコースティックとエレクトロニクスを絶妙にブレンドした、洗練されたサウンドが持ち味。私はこの2人組が大好きで、ネットを使って世界中から彼らのレコードを集めたものだ。
IMG_1319.JPG

 この1stアルバムには、センチメンタルで叙情的なアコースティック・ナンバー「The Better Idea」から、エスニックな雰囲気も感じられる「The Sweet Life」「Festival Time」、そしてクリスチャンズも参加したタイトル通りのファンキーなダンス・ナンバー「Ed's Funky Diner」まで実にヴァラエティに富んだ作品が並んでいる。「Lullaby」「Washing The Air」のコーラスの入れ方やエレクトロニクスの使い方に感じられる「アコースティックで懐かしい、だけどモダン」なサウンドゆえ、ギターポップ系に分類されることもあるみたい。捨て曲なしの傑作アルバムだ。

 プロデューサーは、ティアーズ・フォー・フィアーズやイレイジャー、デペッシュ・モードなどのプロデューサーで、ミキサー/エンジニアとしても知られるデイヴ・バスコム。

 このアルバムのオープニング・ナンバー「Driving Away From Home (Jim’s Tune)」は、UKシングルチャートで18位まで上がった。イギリスの著名なDJ/ミキサーだったダニー・ランプリングは、この曲を自分のコンピレーションに収録した理由を次のように語っている。
 「このトラックは'80年代にリリースされたもので、サッチャー政権下のイギリスや、その時代をよく表現したトラックなんだよね。その頃の僕たちは、「この国なんて捨てて、違う場所に行ってしまおう」ってよく話していたものだよ。その頃は25歳以下ならヨーロッパ中を回れる電車のチケット制度があったから、同世代の子の多くはヨーロッパに旅に出たんだけど、僕はアメリカに行ったんだ。当時はたくさんの人がイギリスに対して幻滅していて、このトラックはそんな状況をよく表していた。だからみんなこのトラックに共感したんじゃないかな。バレアリックな感じもあるしね。これは、若者たちが口をそろえて「こんな国捨ててしまって、いっそ違う場所に行ってしまおう」と言っていた、不景気で惨めだった時代を要約したようなトラックなんだ。そんな'80年代の一面をよく反映していると思うよ。」
http://www.higher-frequency.com/j_interview/danny_rampling02/index.htm

Driving Away From Home (UK Version) Driving Away From Home (US Version) Driving Away From Home(TOP OF THE POPS)


 「Driving Away From Home (Jim’s Tune)」の陰りのある雰囲気は、80年代の閉塞感をよく表してたということだが、その頃大学生だった私は「イギリス音楽独特のセンチメンタルさ」ととらえていたのだろう。It's immaterialは日本でも高い評価を得ていたが、このような点が、叙情性を好む日本人には好まれたのかもしれない。

  Ed's Funky Diner


 It's Immatterialは、1990年に2ndアルバム『SONG』をリリースした後、長い沈黙にはいってしまった。『SONG』リリース時のインタビューで、メンバーの一人ジャーヴィス・ホワイトヘッドは「前作(LIFE'S HARD AND THEN YOU DIE)が不評だったことに失望して、しばらく音楽活動から遠ざかっていた」と語っているが、『LIFE'S HARD AND THEN YOU DIE』は、かなり好評だったと思う(雑誌『Fool's Mate』1986年12月号・No.63)。2ndアルバム『SONG』の日本盤がリリースされたことも、そのことを示していたと思うが、1992年に一応完成した3rdアルバム『House for Sale』は、結局お蔵入りとなってしまった。その後リヴァプールのレーベルViperがリリースしたコンピレーションで数曲が断片的に公となったものの、バンドとしての活動はまったく聞こえてこなかった。
IMG_1316.JPG

①2001年:『LIVERPOOL CULT CLASSICS-UNEARTHED Vol.1』に、『House for Sale』収録予定だった「New Moon」が収録される。アラン・ランキンの「サンドマン」風の素晴らしい曲。
②2001年:『LIVERPOOL CULT CLASSICS-UNEARTHED Vol.2』に、ジョン・キャンベルとヘンリー・プリーストマンによるユニット、Palais de Sandの「The Harbour Song」が収録される(レコーディングは90年)。もともとリュック・ベッソン監督の映画「アトランティス」 用に作られた曲とのことである。
③2002年:『The Great Liverpool Acoustic Experiment』に「Just Drive」が収録される。
④2010年:Youtubeに『House for Sale』に収録予定だった「Just North Of Here」がアップロードされる。「Mr. Campbell and Mr. Whitehead still compose together and in recent years have completed various projects for both film and radio.」というコメント付きで。

Just North Of Here


⑤2011年:Youtubeに『House for Sale』に収録予定だった「Is It Alright [Between Us]」「New Moon」がアップロードされる。
New Moon


Is It Alright [Between Us]


⑥2013年2月:It's Immaterialのフェイスブックが開設され、復活宣言(彼ら自身の言葉によれば「So this is not a come back, it’s just another chapter in the It's Immaterial story.」とのこと)。
    https://www.facebook.com/ItsImmaterial/
⑦2013年3月:ジョン・キャンベルのツイッターアカウントが開設。
     https://twitter.com/its_immaterial
⑧2016年7月:『LIFE'S HARD AND THEN YOU DIE』の30周年記念2枚組CDがリリース。
⑨2016年9月:3rdアルバム『House for Sale』の予約受付がPledge Musicでスタート。

【2016 30th anniversary Deluxe Edition】
[DISC 1]
01. Driving Away From Home (Jim’s Tune)
02. Happy Talk
03. Rope
04. The Better Idea
05. Space [3.58]
06. The Sweet Life
07. Festival Time
08. Ed’s Funky Diner
09. Hang On Sleepy Town
10. Lullaby
11. Washing The Air
12. We’ll Turn Things Upside Down (The Enthusiasts Song)
13. Only The Lonely
14. A Crooked Tune
15. Trains, Boats, Planes
16. Hereby Hangs A Tale
17. Kissing With Lord Herbert
18. Driving Away From Home (Jim’s Tune) (single version)
19. Space (single version)

[DISC 2]
01. Space (John Peel Session)
02. Hang On Sleepy Town (John Peel Session)
03. Festival Time (John Peel Session)
04. Rope (John Peel Session)
05. Ed’s Funky Diner (The Keinholz Caper) [5.53]
06. Washing The Air (Rub A Dub Mix)
07. Driving Away From Home (Wicked Weather For Walking)
08. Ed’s Funky Diner (Friday Night, Saturday Morning)
09. We’ll Turn Things Upside Down (When The Revolution Comes)
10. Driving Away From Home (I Mean After All It’s Only ‘Dead Man’s Curve’)
11. Space, He Called From The Kitchen
12. Rope (Extended Mix)
13. Space (Instrumental)
14. Jazz Bo's Holiday Transatlantique
15. Driving Away From Home (Original 4 Track Demo)

CD2枚組で全34曲、オリジナルが11曲だったのでボーナストラックが23曲という驚愕のボリューム。初出の音源も多く、まさに神リリース。




LIFE IS HARD & THAN YO

LIFE IS HARD & THAN YO

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: CAROL
  • 発売日: 2016/07/01
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

It's Immaterial の新曲が Youtubeに!!! [イッツ・イマテリアル]

 本当に驚いた。It's Immaterialの新曲がYoutubeにアップされている。タイトルは「Just North Of Here」。素晴らしい作品。寄せられているコメントも、みな心和むものばかり。ああ、うれしいと心から思う。投稿者によれば「Mr. Campbell and Mr. Whitehead still compose together and in recent years have completed various projects for both film and radio.」だって!

http://www.youtube.com/watch?v=h3ivUuv3D04
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
イッツ・イマテリアル ブログトップ