So-net無料ブログ作成
検索選択
アソシエイツ ブログトップ

THE AFFECTIONATE PUNCH / THE ASSOCIATES [アソシエイツ]

IMG_1309.JPG


1980 ORIGINAL ALBUM
 01. The Affectionate Punch
 02. Amused as Always
 03. Logan Time
 04. Paper House
 05. Transport to Central
 06. A Matter of Gender
 07. Even Dogs in the Wild
 08. Would I... Bounce Back
 09. Deeply Concerned
 10. A
 【Bonus Tracks】
 11. You Were Young
 12. Janice
 13. Boys Keep Swinging (Mono)
 14. Mona Property Girl

1982 REMIX ALBUM
 01. Amused As Always
 02. The Affectionate Punch
 03. A Matter of Gender
 04. Would I... Bounce Back
 05. A
 06. Logan Time
 07. Paper House
 08. Deeply Concerned
 09. Even Dogs in the Wild
 10.Transport to Central

 アソシエイツのデビューアルバムは、1980年にリリースされたが、2年後の82年にリミックス盤がリリースされた。私が先に聴いたのはリミックス盤の方。メンバーの2人ともリミックス盤はあまり気に入らなかったそうだが、私はリミックス盤の方が好きだ。
 オリジナルはキュアーのフィクション・レコードからリリースされたこともあり、キュアー的なポスト・パンク・サウンド。一方のリミックス盤は、後の作品につながるシンセが大々的にフィーチャーされ、カラフルかつゴージャズな音作りになっている。曲順もかなり入れ替わっているが、「Amused As Always」から始まって「Transport to Central」で終わるという流れが馴染んでしまって、イントロもリミックス盤とはかなり違う「The Affectionate Punch」のオープニングには、ちょっと違和感を感じてしまう。とはいえ、万華鏡のようなサウンド・プロダクションを欠いている分、ビリーのヴォーカルはデビューの時点から卓越していたことがわかるのも事実。なかでも「Deeply Concerned」のヴォーカルの凄さは、オリジナル盤を聴いて改めて認識した。
 オリジナル盤にはキュアーのロバート・スミスもバッキング・ヴォーカルでクレジットされているが、どの曲に参加しているのか、注意して聴いてみたけど聴き取れなかった(タイトル・ナンバーに参加しているという記事もみかけたが)。またオリジナル盤のプロデューサーとしてクレジットされているマイク・ヘッジズの経歴も面白い。彼が手がけた作品は、そのままUKニュー・ウェイヴの歴史と言っていいくらい。
 https://en.wikipedia.org/wiki/Mike_Hedges#Discography



Affectionate Punch

Affectionate Punch

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Piau/
  • 発売日: 2016/05/06
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
アソシエイツ ブログトップ