So-net無料ブログ作成

ERA / IN CAMERA [4AD]

IMG_1326.JPG


ERA / IN CAMERA (DAD 3508 CD)
【CD1】
 01. Die Laughing
 02. Final Achievement
 03. Fragments Of Fear
 04. The Attic
 05. The Conversation
 06. Legion
 07. The Fatal Day
 08. Co-Ordinates
 09. Apocalypse

【CD2】
 01. Scars
 02.Apocalypse
 03. Colour In The Home
 04. The Conversation
 05. Deflowered
 06. On The Retina
 07. Legion
 08. Fragments Of Fear
 09. The Attic
 10. Co-Ordinates
 11. The Fatal Day

 1978年にロンドンで結成されたイン・カメラは、1980年に両A面の7インチ・シングル「Final Achievement / Die Laughing」(AD8)で4ADからデビューした。メンバーはデヴィッド・スタイナー(Vo/Key)、アンドリュー・グレイ(G)、ピート・ムーア(B)、ジェフ・ウィルモット(Dr)の4人。デビュー・シングルの「Die Laughing」は、大鷹俊一氏が監修したコンピレーション『暗闇の舞踏会』にも収録されており、このことからもわかるように、イン・カメラは、レマ・レマやマスなどと同様に初期4ADの雰囲気~80年代初期のポスト・パンク色が強いバンドである。エッジの効いた鋭いギターと、地を這うような重々しいベース、そしていささか神経症的なヴォーカルは、ジョイ・ディヴィジョン直系のスタイル。彼らはバウハウスのオープニング・アクトをつとめて注目されるようになり、80年にはジョン・ピール・セッションにも出演したものの(CD1の7~9の3曲は、このときの音源)、翌81年に解散した。結局彼らが活動中に残した作品は、前述の両A面7インチに加えて、80年にリリースした「IV Songs」 (BAD19)、解散後の82年にリリースされたジョン・ピール音源の「Fin」 (BAD205)という2枚の12インチをあわせた計3枚のシングルである。
 この『Era』は、イン・カメラの音源を集めた2枚組コンピレーションで、2015年にリリースされた当初、マニアの間では結構話題となった2枚組である。CD1はオフィシャルにリリースされたすべてのシングル音源を集めたもので、01・02がデビューシングル、03~06が「IV Songs」、残りの3曲が「Fin」に収録されていた曲。そしてCD2は、デモ・ヴァージョン(01・02)やライヴ・テイク(03~06)、リハーサル(07~11)などのレア音源集であり、この2枚組セットで、伝説のバンドと言ってもいい彼らの全貌を知ることができる。CD2に収録されている曲を聴いていると、重苦しく閉塞感漂う当時のロンドンの空気感が伝わってくるようだ。
 1992年に『13 (Lucky For Some)』というタイトルのコンピレーションもリリースされているが、『13』には、『Era』のCD1全曲のほか、「Pins And Wax」「On The Retina」「Colour In The Home 」「Deflowered 」の4曲が「1991Remix」として収録されている。私は『13』を持ってないので確認できないが、「Pins And Wax」は『Era』未収録、その他3曲も『Era』収録の音源(ライヴ・テイク)とは異なる音源ではないかと想像している。
イン・カメラ解散後、アンドリュー・グレイは元レマ・レマ~マスのマイケル・アレン、マーク・コックスとともにウルフギャング・プレスを結成した。




Era

Era

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Imports
  • 発売日: 2015/06/16
  • メディア: CD




13 Lucky for Some

13 Lucky for Some

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Pid
  • 発売日: 1992/11/19
  • メディア: CD



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

LABOUR OF LOVE / MASS [4AD]

MASS.jpg


LABOUR OF LOVE / MASS (CAD107CD)
 01. Mass
 02. Why
 03. Ill
 04. Why
 05. Isn't Life Nice
 06. Elephant Talk
 07. F.A.H.T.C.F.
 08. Cross Purposes
 09. Innocence
[Bonus Track]
 10. You and I
 11. Cabbage

 レマ・レマが1枚のEPを残して解散した後、マルコとマックスの2人を除く3人がダニー・ブリオテットを新たに迎えて結成したのがマス。1980年に4ADからシングル「You and I / Cabbage」、翌81年にアルバム『LABOUR OF LOVE』をリリースして解散した。
 マス(MASS)というバンド名は、カトリック教会の典礼「ミサ」のことだが、そのネーミング通り「黒ミサ」をイメージさせる暗黒サウンド。闇の底から呼びかけてくるようなヴォーカル、ノイジーなギター、重いリズム....ポスト・パンクのいわゆる「ゴス」のお手本のようなサウンド。オープニング・ナンバーの「MASS」は、このバンドの特徴がもっともよく伝わってくる曲。オープニングのオルガンにプリミティヴで祈るかのようなヴォーカルか被さり、徐々に音に厚みが増していく。緩急つけた構成は素晴らしい。
 オリジナルのジャケットはいかにもゴスバンドらしいものだったが、2005年にCD化されたときは、イラストのジャケットに変更されてしまった。オリジナルの方がよかったような気がする。


You And I



Mass




Innocence



Why / Ill



 マスの解散後、マイケル・アレンとマーク・コックスは、元イン・カメラのアンドリュー・グレイを迎えてウルフギャング・プレスを、ゲイリー・アスクィスとダニー・ブリオテットはレネゲイド・サウンドウェイヴをそれぞれ結成する。シングル曲の「You and I」は、大鷹俊一氏監修の4ADオムニバス『暗闇の舞踏会』にも収録されているが、前身のレマ・レマと後身のウルフギャング・プレス両方の雰囲気を持った曲。虚無的で厭世的な雰囲気は、このバンドのカラーをよく示している。



Labour of Love

Labour of Love

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Pid
  • 発売日: 2006/01/31
  • メディア: CD
ネイチャー・モルテス~スティル・ライヴス~暗闇の舞踏会

ネイチャー・モルテス~スティル・ライヴス~暗闇の舞踏会

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2008/01/23
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

WHEEL IN THE ROSES / REMA-REMA [4AD]

IMG_1303.JPG

SIDE 1
 1.Feedback Song
 2.Rema-Rema
SIDE 2
 1.Instrumental
 2.Fond Affections

The Feedback Song + Rema Rema Fond Affections



 『ミュージック・マガジン』1987年6月号の4AD特集掲載のディスコグラフィを見ると、初期4ADのカタログナンバーは、AXIS時代からシングル・アルバムも含めてすべて通し番号になっている。したがって、このレマ・レマが残した唯一のレコード(80年)のBAD5という番号は、これが4AD最初期の作品の一つだということを示している。4ADがスタートした1980年に同レーベルからリリースされた19作品のうち、アルバムは2枚しかない。4AD発足当初は、シングル主体だったのである。 

 レマ・レマは、マーク・コックス(キーボード)、 マイケル・アレン(ヴォーカル&ベース)、ゲイリー・アスクィス(ヴォーカル&ギター)、 マルコ・ピローニ(ギター)、マックス(ドラムス)の5人組。重くうねるようなビートにノイジーな感覚は 麻薬のよう。オープニングの「Feedback Song」は、ジャケットのブリミティヴで呪術的な雰囲気と、うまくマッチしている。私が最初に買ったアナログシングルは、再発CDと異なり、オープニングの♪We're REMA-REMA~というヴォーカルがはいっていない。ラスト・ナンバーの「Fond Affections」は静謐なナンバーで、暗い海の底を漂っているような感覚。のちにディス・モータル・コイル の2ndアルバムに収録されたが、そのテイクにはマーク・コックスがDX7で参加している。 耽美・内省・虚無・諦観....私が初期4ADに抱いたイメージは、このレコードからだった。4ADの最高傑作は?と問われたとき、アルバム単位ならばディス・モータル・コイルの1枚目かコクトー・トゥインズの『Treasure』をあげたいところだが、シングルならばこのレマ・レマ。

 B面の2曲は1979年にロンドンのアクラム・ホームで収録されたライヴ・テイク。このときレコーディングされた「Why Ask Why?」「Christopher」という2曲が、イギリスで1981年にリリースされた『The Men With The Deadly Dreams』というコンピレーションに収録されているらしい。このコンピはWhite Stains Tapesというカセットオンリーのレーベルが200セット限定でリリースしたとのこと。

Why Ask Why?


 レマ・レマの解散後、ギターのマルコは、このシングルのジャケット・デザインやライナーを手がけたケヴィン・ムーニーを誘って(このシングルのアートワークは、23エンヴェロープの作品ではない)、アダム&ジ・アンツに加入し、一世を風靡する。残り4人のうち、ドラムのマックス以外の3人は、ダニー・ブリオテットを加えた4人でマス(MASS)を結成し、4ADからアルバム『Labour of Love』をリリースした。マックス(Dorothy Max Prior)はドロシーの名で、80年にシングル「I Confess」をスロッピング・グリッスルのインダストリアルからリリースした後、サイキックTVに参加した。

 ジャケットの元になった写真を、写真家集団「マグナム・フォト」の作品集で見つけた。1949年にスーダンのコルドファンで撮影されたもので、「仲間の部族民にかつがれて勝ち誇るヌバ族のレスラー」というタイトルがつけられている。レスラーの右手に見える花は、オリジナルにはない。フォトグラファーはジョージ・ロジャー。Wikipediaによれば、第二次世界大戦中戦争カメラマンとして活躍したロジャーは、解放されたナチスの強制収容所で見た光景がトラウマとなって戦争カメラマンを辞め、アフリカをテーマにした写真を撮っていたという。『LIFE AT WAR』にロジャーが撮った写真が掲載されているが、骨と皮ばかりになった人たちの折り重なる死体の脇を、一人の少年が歩いているという写真である。

 
 このレマ・レマをはじめ、大学生だった私がUK New Wave系のレコードを購入していたのは、熊本市上通りあった中古レコード店「Oh!」。ママさんと息子さん(たぶん)のお二人でやっていたショップで、そこには「New Wave研究家のためのコーナー」というのがあった。MASSなど4AD系のアーティスト、キリング・ジョーク、バウハウス、アソシエイツなど12インチからアルバムまで、レアなレコードが無造作に詰め込んであった。ディス・モータル・コイルのCDを買ったのも確か「Oh!」だったと思う。今思うと、まったく信じられない話である。「Oh!」はすでに閉店しているのだけど、今でも上通りのセブンビルの2Fにあがる小さな階段を昇ってしまう。


 2014年と2015年、レマ・レマのアナログ・シングルがひっそりとリリースされたらしい。2014年が「International Scale / Short Stories」、2015年が「Entry / Exit」。
International Scale



レマ・レマの音源まとめ。 https://www.reverbnation.com/remarema/songs
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽