So-net無料ブログ作成
エヴリシング・バット・ザ・ガール ブログトップ

LOVE NOT MONEY / EVERYTHING BUT THE GIRL [エヴリシング・バット・ザ・ガール]

DSCF3279.jpg


LOVE NOT MONEY
 01. When All's Well
 02. Ugly Little Dreams
 03. Shoot Me Down
 04. Are You Trying to Be Funny?
 05. Sean
 06. Ballad of the Times
 07. Anytown
 08. This Love (Not For Sale)
 09. Trouble and Strife
 10. Angel
 11. Kid(Bonus Track)
 12. Heaven Help Me(Bonus TRack)

 先頃リマスター盤がリイシューされ、『レココレ』誌でも特集が組まれたEBTGの2枚目(85年)。この作品がリリースされた頃は、ポスト・パンクが「ネオアコ」「ネオサイケ」など新しい展開を見せ始めた頃で、私もFM雑誌を片手に「FMナイトストリート」や「クロスーバーイレブン」を聴いていたものである。その頃私はスタイル・カウンシルの大ファンで、ベン・ワットが彼らのアルバムに参加していたことからEBTGに興味を持ち聴き始めた。
 ベン・ワットは、イアン・ブロウディと同じくらい音楽的引き出しが多い人で、前作はジャズ的な雰囲気が強く、このアルバムでも「This Love (Not For Sale)」などジャズ的雰囲気が強い曲があるが、アルバム全体としてはフォーク・ロック寄り。1曲目「When All's Well」は、ペイル・ファウンテンズの1枚目をゴージャスにしたようなキラめきの名曲で、オープニングからキラー・チューン。ベン・ワットがヴォーカルの「Sean」は、雰囲気はシンプルなのに、プロデュースやアレンジはとても手が込んでいる。この曲をはじめ、洗練さの度合いは前作に比べてずいぶんと上がっており、「オルタナティヴ度」は下がったように感じる。2枚目のシングルとなった「Angel」を持ってきたことは、このアルバムの全体的な雰囲気をダークなものにしているが、ボーナス・トラックとして「愛しのキッズ(Kid)」(プリテンダーズのカヴァー)を収録したことで、アルバム全体の雰囲気が少し変わったように感じる。2012年にはBBC音源などを含む2枚組のデラックス・エディションがリリースされた。





LOVE NOT MONEY(+2)(紙ジャケ仕様/SHM-CD)

LOVE NOT MONEY(+2)(紙ジャケ仕様/SHM-CD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Cherry Red
  • 発売日: 2017/12/20
  • メディア: CD



Love Not Money: Deluxe Edition

Love Not Money: Deluxe Edition

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Edsel Records UK
  • 発売日: 2012/05/29
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:音楽

EDEN / EVERYTHING BUT THE GIRL [エヴリシング・バット・ザ・ガール]

IMG_1282.JPG



『エデン』(VAP 85005-32)
01. Each and Every One
02. Bittersweet
03. Tender Blue
04. Another Bridge
05. The Spice of Life
06. The Dustbowl
07. Crabwalk
08. Even So
09. Frost and Fire
10. Fascination
11. I Must Confess
12. Soft Touch



2016年の夏は暑い。そして、リオデジャネイロ五輪の関係で「イパネマの娘」をよく耳にする。この夏に聴きたくなったのは、トレイシー・ソーン&ベン・ワットの二人からなるデュオ・ユニット、エヴリシング・バット・ザ・ガールの作品。
 この『エデン』は彼&彼女らの1stアルバム(1984年)だが、日本では2枚目の『ラヴ・ノット・マネー』(85年)が先にリリースされていた(まだアナログ盤の時代)。トータル33分でほとんどの曲が2~3分台という短さとも相まって、あっというまに聞き終えてしまうが、暑い夏の夕暮れに吹き抜ける涼しい風を思わせる。ボサノヴァ調のリズムとアコ-スティックなギターに乗った爽やかで優しいメロディ、ちょっとノスタルジックなジャズ・フレイヴァーは、オシャレなカフェバーあたりで流れていても違和感がないが、低い声で歌うトレイシーのヴォーカルには、諦観して醒めたような雰囲気も感じる。ポスト・パンク~ニュー・ウェイヴ勢に共通する憂鬱さ。2012年には「デラックス・エディション」がリリースされた。



Eden

Eden

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros UK
  • 発売日: 1998/11/03
  • メディア: CD



Eden: Deluxe Edition

Eden: Deluxe Edition

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Edsel Records UK
  • 発売日: 2012/05/29
  • メディア: CD



エデン

エデン

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: サブスタンス
  • 発売日: 2002/07/24
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
エヴリシング・バット・ザ・ガール ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。