So-net無料ブログ作成
検索選択
オリジナル・ルネッサンス~イリュージョン ブログトップ

OUT OF THE MIST / ILLUSION [オリジナル・ルネッサンス~イリュージョン]

IMG_1270.jpg


 『醒めた炎』
  01. イサドラ
  02. 自由への道
  03. ビューティフル・カントリー
  04. ソロ・フライト
  05. エヴリホエア・ユー・ゴー
  06. フェイス・オブ・イエスタデイ
  07. キャンドルズ・アー・バーニング

 イリュージョン名義ではファースト・アルバムだが、オリジナル・ルネッサンスとしては一応3枚目と考えてよかろう。オリジナル・ルネッサンスが2枚のアルバムを残して消滅し、ルネッサンスのバンド名がアニー・ハズラムのバンドに引き継がれた後、元オリジナル・ルネッサンスのメンバーを中心に再結成されたのがイリュージョン。オリジナル・ルネッサンスの2枚目のアルバム・タイトルが、そのままバンド名になっている。
 メンバーは、ジム・マッカーティとジェーン・レルフ、ルイス・セナモ、ジョン・ホウクンのオリジナル・メンバー4人のほか、ギターにジョン・ナイトブリッジ、ドラムにエディ・マックニールを迎えた6人。かつてジムとともにオリジナル・ルネッサンスの中心だったキース・レルフはギターの感電事故により、この作品がリリースされる前年(1976年)に不慮の死を遂げている。彼は死の直前までオリジナル・ルネッサンスの再結成を目指しており、バンド名は「ナウ」だったという。したがってこのイリュージョンは、キースの遺志を継ぐという形で再結成されたオリジナル・ルネッサンスと言える。

 オリジナル・ルネッサンス時代に比べると、「ソロ・フライト」のエレクトリック・ギターなどとってつけたようで、やや鼻につく。しかしピアノを前面に出し、メロトロン、ストリングスも効果的に使用した叙情的なメロディーは、ジェーンのしっとりとしたヴォーカルによく合っており、「泣き」のプログレという感じ。「自由への道」「ビューティフル・カントリー」「エヴリホエア・ユー・ゴー」「フェイス・オブ・イエスタデイ」の4曲は、「哀愁・叙情・メロディアス」の3拍子がそろったイリュージョンの魅力が堪能できる名曲群。特に「フェイス・オブ・イエスタデイ」をオリジナル・ルネッサンスの2枚目収録のテイクと聞き比べると、そこはかとなく哀感も感じられ素晴らしい出来である。ラストの大曲「キャンドルズ・アー・バーニング」では、キースとジムのツイン・ヴォーカルが味わい深い。
 「女性ヴォーカリストを擁したフォーキーなプログレ・バンド」という共通点も相まって、このイリュージョンとルネッサンスはよく対比される。日本人的な判官贔屓で、こちらのイリュージョンを「不運な名バンド」と推したいところだが、いかんせんアニー・ハズラムという稀代の女性ヴォーカリストを擁して『燃ゆる灰』などの名盤をリリースしているバンドが相手ではどうしても分が悪い。そこで「陽のルネッサンスと陰のイリュージョン」的な言い方をされたりもするが、この作品を聴くとそうした表現も十分頷ける。『醒めた炎』とは、よく言ったものだ(トム・ヴァーレインのソロに同じタイトルがあったように思うが)。



醒めた炎(紙ジャケット仕様)

醒めた炎(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2010/04/01
  • メディア: CD



OUT OF THE MIST

OUT OF THE MIST

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: OCTAVE / CHERRY RED
  • 発売日: 2013/12/28
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

INNOCENTS & ILLUSIONS / RENAISSANCE [オリジナル・ルネッサンス~イリュージョン]

IMG_3672.jpg

  【ディスク1】 RENAISSANCE
   1. キングズ・アンド・クイーンズ
   2. イノセンス
   3. アイランド
   4. さすらい人
   5. 銃弾
   6. アイランド(シングル・バージョン~ボーナス・トラック)
   7. ザ・シー(ボーナス・トラック)

  【ディスク2】 ILLUSION
   1. ラヴ・ゴーズ・オン
   2. ゴールデン・スレッド
   3. ラヴ・イズ・オール
   4. ミスター・パイン
   5. フェイス・オブ・イエスタディ
   6. パスト・オービッツ・オブ・ダスト
   7. 陽のあたる大地(ボーナス・トラック)
   8. 孤独な堕天使(ボーナス・トラック)
   9. プレイヤー・フォー・ライト(ボーナス・トラック)
   10. ウォーキング・アウェイ(ボーナス・トラック)


 「3大ギタリスト」を輩出したことで知られるヤードバーズが、あとから加入したジミー・ペイジのバンドになってしまった後、ヤードバーズのヴォーカリストであったキース・レルフはヤードバーズ時代の僚友ジム・マッカーティー(ドラムス)とともに、トゥゲザーというフォーク・デュオを結成します(シングル盤1枚のみ)。この後、キースとジムの2人が新たにルイス・セナモ(ベース)、ジョン・ホウクン(キーボード)、キースの妹のジェーン・レルフ(ヴォーカル)の3人を加えて結成したのが、ルネッサンスです。

 この2枚組CDは、第1期ルネッサンスが残した2枚のアルバムに、計6曲のボーナストラックを加えたアンソロジー。まずディスク1は、プロデューサーに元ヤードバーズのポール=サミュエル・スミスを迎えて制作された1stアルバム(70年)から。ボーナストラックの2曲は、シングル・カットされた「アイランド」のシングル・ヴァージョンとそのB面曲です。1stアルバムは、ジョン・ホウクンのピアノを全面に出した音作りで、クラシカルな要素を感じさせますが、まだまだ試行錯誤といったところ。シングル・カットされた「アイランド」のような、ジェーンのヴォーカルを大々的にフィーチュアーすれば、また違ってたと思いますが。

 一方ディスク2は71年にリリースされた2ndアルバム『イリュージョン』で、4曲のボーナストラックが追加されています。『イリュージョン』のレコーディングはかなり混乱したようで、参加メンバーの多様さがそのことを物語っています。なかでも「ミスター・パイン」は、ジョン・ホウクンが集めたメンバーによってレコーディングされた曲であり、ほとんど別のバンドといってもいいくらい。ただこの「ミスター・パイン」をつくったのは、のち新生ルネッサンスの中心となるマイケル・ダンフォードで、彼はギターでこの曲に参加しています。このアルバムでは、ピアノ中心としたクラシカルな雰囲気が強くなり、のちのルネッサンス・サウンドのコンセプトができあがったと言っていいでしょう。中でも「フェイス・オブ・イエスタディ」の美しいメロディーと構成は秀逸。ボーナス・トラックのうち、「陽のあたる大地」は、キース・レルフとジム・マッカーティが、ヤードバーズ解散直前の68年6月にレコーディングしていた曲。「孤独な堕天使」ともども、ヤードバーズの『リトル・ゲームス』収録の「トゥゲザー・ナウ」とあわせて聴くと、フォークにもベースを持ったルネッサンスのルーツを垣間見ることができ、興味深いものがあります。
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
オリジナル・ルネッサンス~イリュージョン ブログトップ