So-net無料ブログ作成
検索選択
スタックリッジ ブログトップ

THE MAN IN THE BOWLER HAT / STACKRIDGE [スタックリッジ]

IMG_3517.jpg


『山高帽の男』スタックリッジ
   1.ファンダメンタリー・ユアーズ
   2.ピナフォア・デイズ
   3.ザ・ラスト・プリムソール
   4.トゥ・ザ・サン・アンド・ザ・ムーン
   5.ロード・トゥ・ヴェネズエラ
   6.ザ・ギャロッピング・ガウチョ
   7.ヒューミリエイション
   8.デンジャラス・ベーコン
   9.ザ・インディフェレント・ヘッジホッグ
   10.ゴッド・スピード・ザ・プラウ

 『フレンドリィネス』に続くサード・アルバム(74年)。前作までは「田舎のビートルズ」ともいわれたフォーク色が強い作風であったのが、プロデュースにビートルズのプロデューサー、ジョージ・マーティンを迎え、かなり洗練された音づくりになっています。コーラス・ワークは、ビートルズ的な雰囲気が一層強くなっていますね。一般的にはこの作品が彼らの最高傑作とされていますが、フォーク的な音が好きなら『フレンドリィネス』、ぎりぎりプログレに近いポップな音が好きなら、こちらがオススメ。まぁ好みの問題でしょうけど。メロディ・ラインもしっかりしていて、いい曲がそろっていますが、強烈な個性に欠けるため、印象に残る曲がないのが惜しまれます。イングランドの「雰囲気」を楽しみたい作品といえるかもしれませんね。オーケストラ・アレンジの秀逸さ(特に10)は、さすがジョージ・マーティンであります。8でのサックスは、ロキシー・ミュージックのアンディ・マッケイ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

FRIENDLINESS / STACKRIDGE [スタックリッジ]

IMG_3563.jpg

『フレンドリィネス』スタックリッジ (MSIF 3424)
   1. ラミー・デイズ
   2. フレンドリネス・パート1
   3. エニワン・フォー・テニス
   4. ゼア・イズ・ノー・リフュージ
   5. シラキュース・ジ・エレファント
   6. アメージングリー・アグネス
   7. ファーザー・フランケンシュタイン・イズ・ビハインド・ユア・ピロー
   8. キープ・オン・クラッキング
   9. ストーリー・オブ・マイ・ハート
   10.フレンドリネス・パート2
   11.ティータイム
   〈ボーナス・トラック〉
   12. エヴリマン
   13. パープル・スペースシップ

 「田舎のビートルズ」という褒めてるんだか貶してるんだかよく分からない呼び方をされるスタックリッジの2作目(72年)。「田舎のビートルズ」って呼び方は、この作品が一番ふさわしいかも。「田舎の」っていう形容詞は「泥臭い」って意味じゃなくて、「トラッド/フォークを基調にした」っていうことでしょう。曲調は結構ソフィスティケイトされていますから。
 この作品からは、メロディーやアレンジ、コーラスワーク等でポール・マッカートニーの影響が強く伺えます。ビートルス時代の「ブラックバード」等の曲を思い出してもらうといいでしょうね。もちろんそれだけではなくて、ポップで覚えやすく、親しみやすいメロディーが彼らの真骨頂です。心休まるこの作品は、晴れた休日の午後、ティー・カップでも片手に聴きたい作品です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
スタックリッジ ブログトップ