So-net無料ブログ作成
検索選択
ザ・ストーン・ローゼズ ブログトップ

The Stone Roses [ザ・ストーン・ローゼズ]

IMG_3549.jpg


  『THE STONE ROSES』
  1. I Wanna Be Adored
  2. She Bangs The Drums
  3. Waterfall
  4. Don't Stop
  5. Bye Bye Badman
  6. Elizabeth My Dear
  7. (Song For My) Sugar Spun Sister
  8. Made Of Stone
  9. Shoot You Down
 10. This Is The One
 11. I Am The Resurrection

 ザ・ストーン・ローゼズがデビューしたとき、いくつかの音楽雑誌では「ザ・スミスに似ている」と評されていたように思います。出身地も同じマンチェスター。で、早速買った私は「なんだ、全然似てねーぞ」と思った次第。この経験をした人って、けっこう多いんじゃないですかね。私が最初に買ったのは米国盤で、当時よく見たロングボックス仕様だっと思います。キラキラした透明感(変な表現....)に感動したのが、もう20年以上も前だとは。

 ジョン・レッキー(ザ・トルバドールズが不発に終わったのは残念)をプロデューサーに迎えた1stアルバム(89年)。「ギターがサウンドの要」「ポップで流麗なメロディ」等、確かにスミスに通じる部分はありますが、ローゼズには独特のグルーヴ感を感じます。スミスは内向きで閉塞感すら漂わせていますが、ローゼズは前向き。
 エコーがかかった線の細さが繊細さを感じさせるヴォーカル(&コーラス)が醸し出す不思議な浮遊感が、いわゆる「サイケデリック」なイメージをもたらしているのも確か。で、ギターメインの正統派ロックなんだけどポップでメロディアス、おまけにダンサブル、というロックの魅力総詰め込みといった作品。リイシュー盤には、5と6との間にピーター・フックがプロデュースした「エレファント・ストーン」、ラストに「フールズ・ゴールド」の2曲が追加収録されています。2曲ともに、僕の大好きな曲。

 「Madchester」とも呼ばれた、マンチェスター・ムーヴメント。僕には、なかなかよい思い出として残っています。



『20th アニヴァーサリー レガシー・エディション』
  【DISC 2】
  1. エレファント・ストーン (12” ヴァージョン)
  2. フル・ファゾム・ファイヴ
  3. ザ・ハーデスト・シング・イン・ザ・ワールド
  4. ゴーイング・ダウン
  5. ゲルニカ
  6. マーシー・パラダイス
  7. スタンディング・ヒア
  8. シモーネ
  9. フールズ・ゴールド (フル・レングス)
  10. ホワット・ザ・ワールド・イズ・ウェイティング・フォー
  11. ワン・ラヴ (フル・レングス)
  12. サムシングス・バーニング (フル・レングス)
  13. ホエア・エンジェルズ・プレイ

  【DISC 3】 デモ・ヴァージョン集
  1. アイ・ウォナ・ビー・アドアード (Demo Version)
  2. シー・バングス・ザ・ドラムス (Demo Version)
  3. ウォーターフォール (Demo Version)
  4. バイ・バイ・バッドマン (Demo Version)
  5. シュガー・スパン・シスター (Demo Version)
  6. シュート・ユー・ダウン (Demo Version)
  7. ディス・イズ・ザ・ワン (Demo Version)
  8. アイ・アム・ザ・レザレクション (Demo Version)
  9. エレファント・ストーン (Demo Version)
  10. ゴーイング・ダウン (Demo Version)
  11. マーシー・パラダイス (Demo Version)
  12. ホエア・エンジェルズ・プレイ (Demo Version)
  13. サムシングス・バーニング (Demo Version)
  14. ワン・ラヴ (Demo Version)
  15. パール・バスタード (Demo Verison)








ザ・ストーン・ローゼズ-20th アニヴァーサリー レガシー・エディション<リミテッド>(初回生産限定盤)

ザ・ストーン・ローゼズ-20th アニヴァーサリー レガシー・エディション<リミテッド>(初回生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN Inc.
  • 発売日: 2009/10/21
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
ザ・ストーン・ローゼズ ブログトップ