So-net無料ブログ作成
ザ・サウンド ブログトップ

PROPAGANDA / THE SOUND [ザ・サウンド]

7000024294500if.jpg


 ザ・サウンド『プロパガンダ』
   1. No Salvation
   2. Deep Breath
   3. Cost Of Living
   4. Quarter Past Two
   5. Night Versus Day
   6. Physical World
   7. Statik
   8. Music Business
   9. Propaganda
  10. Words Fail Me
  11. One More Escape
  12. Missiles

 ザ・サウンドは80年にレコード・レビューしたイギリスのの4人組で、一般的には「ネオ・サイケ」というカテゴリーに分類されます(実は僕はこの「ネオ・サイケ」というジャンルの定義が今ひとつよくわかりません)。メンバーは、 ADRIAN BORLAND(V,G)、COLVIN MAYERS(KEY,G)、GRAHAM BAILEY(B)、MICHAEL DUDLEY(D) (このうちリーダー格のADRIANと、COLVINは既に亡くなっています)。87年の解散までにライヴ゙盤 を含めて7枚のアルバムをリリースしてますが、中でも2nd『FROM THE LION'S MOUSE』(81年)と3rd 『ALL FALL DOWN』(82年)は高い評価を得ています。エコー&ザ・バニーメンと同じコロヴァ に所属しており、音の方もエコバニに近いものを感じさせます。ADRIANのヴォーカルは同類グループの中でも群を抜いて素晴らしいですが、地味なルックスのためか日本ではエコバニほどの人気を得ることはできませんでした。

 『PROPAGANDA』は、1st『JEOPARDY』(80年)より前、79年にレコーディングされていた作品で、 真の1stアルバムともといえる作品です。1999年にイギリスのレーベル、RENASCENTからリリースされ、初めて日の目を見ました。後に重要な役割を果たすキーボードがほとんど使われておらず、の代わりにギターとベースが全面に出ており、アグレッシヴな演奏はジョイ・ディヴィジョンからの影響を強く感じさせます。その中でもエイドリアンの叙情的なヴォーカルは輝いており、全体的に荒削りではありますが、 後の成長を予感させる作品です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
ザ・サウンド ブログトップ