So-net無料ブログ作成
ザ・スミス ブログトップ

HATFUL OF HOLLOW / THE SMITHS [ザ・スミス]

7000026866200if.jpg


ザ・スミス『ハットフル・オブ・ホロウ』
1.ウイリアム
2.ホワット・ディファレンス・ダズ・イット・メイク?
3.シーズ・シングス・テイク・タイム
4.ディス・チャーミング・マン
5.ハウ・スーン・イズ・ナウ?
6.ハンサム・デヴィル
7.ハンド・イン・グローヴ
8.スティル・イル
9.ヘヴン・ノウズ
10. ディス・ナイト・ハズ・オープンド・マイ・アイズ
11. ユーヴ・ゴット・エヴリシング・ナウ
12. アクセプト・ユアセルフ
13. ガール・アフレイド
14. バック・トゥ・ジ・オールド・ハウス
15. リール・アラウンド・ザ・ファウンテン
16. プリーズ・プリーズ

 ザ・スミスで一番好きなアルバムは?と尋ねられて、しばし考えこみ「編集盤なんだけど......」という前置き付きでこのアルバムをあげる人も少なくあるまい。スミスはこの作品を越える「オリジナル・アルバム」をつくれなかった。このことは、ザ・スミスの本質~「シングル曲とライヴ」をよくあらわしていると思う。『ワールド・ウォント・リッスン』や『ラウダー・ザン・ボム』など、バンドの存命中~解散後を通じて何種類もリリースされた「ベスト盤」の多さも、彼らがコンセプチュアルなアルバム・アーティストではなく、シングル曲中心のバンドであったことを、よく物語っている。

 結局彼らは「レッド・ツェッペリンやビートルズのようにいつまでも聴き継がれていくアーティスト」にはなれなかった。時々思い出して彼らの曲を聴き「ああ、昔よく聴いたなぁ」としばし感慨にふけることはあっても、休みの日に自分の子どもと一緒に聴こうと思う人は、さほど多くないだろう。家に帰って家族と夕餉の食卓を囲み、休日には家族とドライブに出かける今、スミスの曲を聴くと、若かかりし頃の自分を見つめ直すような気恥ずかしさを感じるからに違いない。思うに、「ロックンロールにゃ年だけど」ではないが、スミスが歌っていた悩みや苛立ちなどと、僕が感じるそれらとが、年を重ねるにつれて一致しなくなっていったのだろう。
 それでもこのアルバムに収められた作品群は、今なお輝きを失っていない。5枚目のシングル「William it was really nothing 」や4枚目のシングル「Heaven knows I'm miserable now 」、2枚目のシングル「This charming man 」、そして「Back to the old house 」(「What difference does it make ?」のカップリング曲)、ドリーム・アカデミーのカヴァーもいい「Please please please let me get what I want 」(「William it was really nothing 」のカップリング曲)といった曲は、しばしノスタルジーに浸るに十分値する曲だ。このアルバムを聴くたびに「ウィリアァ~ム」とか「ダーズイットメェエ~ク」と思わず「~」の部分を強調して歌ってしまうのは、私だけではないだろう。

 2・6・15の3曲が83年5月の、10・8・4・14の4曲が同年9月に、それぞれBBCで放送されたジョン・ピール・ショウから、また3・11の2曲が同年7月、12が9月にそれぞれBBCで放送されたデヴィッド・ジャンセン・ショウでのテイク。つまり収録曲の半数以上がBBCでのセッションでの演奏だけど、「What difference does it make ?」を始めとして明らかに一本調子なスタジオ・テイクよりもドライヴ感が増している。『ランク』で示されたアグレッシヴさからも伺えるように、彼らの真骨頂はライヴにあった。このコンピレーションが、他のベスト盤や編集盤と一線を画しているのは、初期の名曲のライヴ・テイクが収録されている点にある。それはすなわち、スミスが最も彼ららしい美しさを持っていた時代だったと思われる。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

THE SMITHS / THE SMITHS [ザ・スミス]

IMG_3490.jpg


『ザ・スミス』
  1.リール・アラウンド・ザ・ファウンテイン
  2.ユーヴ・ゴット・エヴリシング・ナウ
  3.ミゼラブル・ライ
  4.プリティ・ガールズ・メイク・グレイヴズ
  5.ザ・ハンド・ザット・ロックス・ザ・クレイドル
  6.スティル・イル
  7.ハンド・イン・グローヴ
  8.ホワット・ディファレンス・ダズ・イット・メイク?
  9.アイ・ドント・オウ・ユー・エニシング
  10.サファー・リトル・チルドレン


 80年代のイギリスを代表したバンド、ザ・スミスのデビュー・アルバム。このアルバムがリリースされたのは84年の2月で、それまでに彼らは83年の5月にファースト・シングル「ハンド・イン・グローヴ」、9月にセカンド・シングル「ディス・チャ-ミング・マン」、翌84年1月には3枚目となるシングル「ホワット・ディファレンス・ダズ・イット・メイク?」をリリースしていました。

 当時ラジオ日本で大貫憲章氏と今泉恵子氏が夜の10時からやっていた番組、「サウンド・プロセッサー」(サンプロ)で流れた「ホワット・ディファレンス・ダズ・イット・メイク?」を聴いた私は彼らの虜となり、以来解散まで彼らの音楽を聴き続けました。すべてをリアル・タイムで知っている数少ないバンドの一つです。 84年当時、僕は高校三年の受験生で、受験勉強をしながら、『ハットフル・オブ・ホロウ』をひたすら聴いていました。「ホワット・ディファレンス・ダズ・イット・メイク?」の歌詞を覚えたのは、英語のテスト勉強に役立ったものです(笑)。大学入試センター試験(当時は共通一次試験と言ってました)の一ヶ月前に目の手術をし、試験は別室で一人で受験しましたが、それでもなんとかザ・スミスとU2の曲を聴いて乗り切ったという思い出があります。

 このデビュー・アルバムは、音楽評論家の方々にはどうも評判がよろしくないようです。酷いのになると、「ジャケット(アンディ・ウォーホールの映画『フレッシュ』のワンシーン)に彼らの美意識が感じられる」というほめてるんだか貶しているんだかよくわからないレビューまである。
 確かに、この後の彼らの活躍(と挫折)を知っている人が聴くと、曲とリズムは一本調子で起伏に乏しく、どれも同じに聞こえてしまうことでしょう。唯一ジョニー・マーのギターは閃きを感じさせますが、そのほかは演奏も稚拙で、特にモリッシーの歌は(テクニック的に)酷い。しかし今聴いてみると、楽曲のよさは耳を引きます。初期の彼らをネオ・アコ・バンドの一つとみる人も多かっのは、このアルバムに納められている、1や9,10といった優しげな曲の影響でしょう。初期の彼らの魅力は、「女々しさ」にあったような気もするんですがね。9でのポール・キャラック(元スクィーズ)のキーボードが、しっとりとした感じでgood。

 このアルバムにはトロイ・テイト(元ティアドロップ・エクスプローズ)がプロデュースしたヴァージョンが存在します。全体的にテンポがゆったり目で、「女々しさ度」が強い感じがします。ラスト・ナンバーのエンディングについてるピアノはいい感じですがね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
ザ・スミス ブログトップ