So-net無料ブログ作成
GTR/ 3(Three) ブログトップ

JEKYLL AND HYDE / GTR [GTR/ 3(Three)]

IMG_3452.jpg


  『JEKYLL AND HYDE』(HIGHLAND HL360)
    1.JEKYLL AND HYDE
    2.HERE I WAIT
    3.PRIZEFIGHTERS
    4.HACKETT TO BITS
    5.REACH OUT (NEVER SAY NO)
    6.WHEN THE HEART RULES THE MIND
    7.ROUNDABOUT
    8.THE HUNTER
    9.CALMARIA incl. CUCKOO COCOM
    10.HORIZONS
    11.MOOD FOR A DAY
    12.RAM
    13.THE CLAP

 1~8は、86年9月14日、ロンドンのハマースミス・オデオン公演で、極めて良好なSBです。7はもちろんイエスのあの名曲。マックス・ベーコンのヴォーカルではありますが、なかなかいいです。ポップなシングル曲6と対照的な、8みたいなしっとりとした感じもライヴでは重要なナンバー。スティーヴ・ハウの「アイヴ・シーン・オール・グッド・ピープル」風のギターが聞けるので、エレキ・ギターはハケットでしょうか。いいです。このバンドはライヴの方が何倍もいいように思いますが、どうでしょうね?スタジオ盤ではあまり目立たないハケットも、ライヴでは覇気が感じられます。
 9と10はハケット、11~13はハウによる7月20日のアリゾナ公演におけるアコースティック・セット。音質はかなり落ちますが、ハウが演奏するイエス・ナンバーは、さすがによい出来です。

nice!(0)  コメント(0) 

OH! HOW I LOVE YOU / GTR [GTR/ 3(Three)]

IMG_3447.jpg


『OH! HOW I LOVE YOU』(HIGHLAND-HL409)
  1 SLOT MACHINE/take 1
  2 CASSANDRA/take 1
  3 SOLID GROUND/take 1
  4 OH! HOW I LOVE YOU
  5 PRIZEFIGHTERS/take 1 with Stevie Nicks
  6 BEJA FLOR
  7 SLOT MACHINE/take 2
  8 PRIZEFIGHTERS/take 2
  9 SOLID GROUND/take 2
  10 CASSANDRA/take 2
  11 SLOT MACHINE/edit version
  12 WHEN THE HEART RULES THE MIND/single edit version
  13 HUNTER/single edit version
  14 HUNTER/U.S.Promo Only 12inch-Special GTR mix
  15 HERE I WAIT/U.K.Promo Only 12inch-Live Version

 GTRのアウトテイクス&レア・トラック集。ライン収録ではありますが、音質はクリアーとは言い難い。収録曲のうち、数曲はスティーヴ・ハケット名義でリリースされた『FEEDBACK '86』に収録されています。ライヴでは結構聞き物だった「PRIZEFIGHTERS」、このアイテムでのクレジットはスティーヴィー・ニックスですが、実際に歌っているのはボニー・タイラーである模様。
nice!(0)  コメント(0) 

GTR / GTR [GTR/ 3(Three)]

IMG_3445.jpg


  1.ハート・マインド
  2.ハンター
  3.ヒア・アイ・ウエイト
  4.スケッチ・イン・ザ・サン
  5.ジキルとハイド
  6.ゲット・スルー
  7.リーチ・アウト
  8.トー・ザ・ライン
  9.ハケット・トゥ・ビッツ
  10.イマジニング
 エイジアを脱退した元イエスのギタリスト、スティーヴ・ハウと、元ジェネシスのギタリスト、スティーヴ・ハケットというハイ・テクニックを誇る両スティーヴが結成したバンドによる唯一の作品。バンドについてはwikipediaの記事がよくできています。http://ja.wikipedia.org/wiki/GTR_%28%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%29
 音の方は、ジェフ・ダウンズがプロデュースということもあり、一聴してエイジアに近いものを感じさせますが、演奏の主体をあくまでギターにおいている点に、このバンドのこだわりが感じられます(バンド名にそのことは現れています)。とはいうものの、ハイテクニックをひけらかして弾きまくる、という感じではなく、ヴォーカルのマックス・ベーコンのヴォーカルを全面に出し、曲の良さで勝負、という感じです。その結果、彼のヴォーカルがハイ・トーンで透明感のある声ゆえ、アルバム全体からは明るく突き抜けるような高揚感を感じます。一時流行した、アメリカのプログレ・ハード勢に対する英国からの巻き返しといった感じです。ハウの4、ハケットの9と1曲ずつインスト曲が収録されますが、アルバムをトータルで聴くと、ハウの演奏が全面に出てるように思えます。特にアコ-スティク・ギターの音色はイエス時代そのままで、ハウの演奏であることがすぐに分かります(2のアコギなんてイエスの「アイヴ・シーン・オール・グッド・ピープル」そっくり)。エイジアでジョン・ウェットンにおさえられていたハウが、鬱憤を晴らすかのような感じです。エイジアに比べると、短命であった故に印象は薄いかもしれませんが、なかなかいいバンドでした。

nice!(0)  コメント(0) 

WELCOME TO THE HOEDOWN / 3 [GTR/ 3(Three)]

IMG_3449.jpg


『WELCOME TO THE HOEDOWN』 3
01 FANFARE FOR THE COMMON MAN
02 DESDE LA VIDA
03 LOVER TO LOVER
04 HOEDOWN
05 TALKIN' BOUT
06 KEITH SOLO PIANO IMPROVISATION (CREOLE DANCE)
07 ON MY WAY HOME
08 AMERICA-RONDO-DRUM SOLO
09 EIGHT MILES HIGH

1988年5月4日(4月5日?....クレジット表記が「4/5/88」)のカリフォリニア州サンノゼ公演の音源。3は唯一北米ツアーを行いますが、ステージ数は10回にも満たず、日の目を見ている音源ではこの日か4月14日のニューヨーク公演くらいでしょう。
アルバムではロバート・ベリーに主導権を譲っている御大ですが、ステージでは独壇場。オープニング一番目立ってます。特に「ホウダウン」は超絶の早弾きを披露しています。サポート・ギタリストがはいっているようですが(「ホウダウン」の前でロバート・ベリーが紹介している)、ギターををはじき飛ばすほどの快演。デイヴ・キルミンスターに助けられながらの再結成ナイス~キース・エマーソン・バンドの時はまさに雲泥の差。よほど調子がよかったのか、「霧の8マイル」の最後では、86年のヒット曲であるバングルスの「エジプシャン」を弾いています。御大は2002年の再形成ナイスのステージでは、ヴァン・ヘイレンの「ジャンプ」を披露してます。
nice!(0)  コメント(0) 

3 TO THE POWER OF THREE / 3 [GTR/ 3(Three)]

IMG_3450.jpg


『スリー・トゥ・ザ・パワー』3(スリー)
   1.トーキング・アバウト
   2.ラヴァー・トゥ・ラヴァー
   3.チェインズ
   4.デスデ・ラ・ヴィダ
    (Ⅰ)ラ・ヴィスタ
    (Ⅱ)フロンテラ
    (Ⅲ)サングレ・デ・トロ
   5.霧の8マイル
   6.ランナウェイ
   7.ユー・ドゥ・オア・ユー・ドント
   8.オン・マイ・ウェイ・ホーム

 キース・エマーソン、カール・パーマーの2人にカリフォルニア出身のマルチ・ミュージシャン、ロバート・ベリーが加わって結成されたユニット。ELパウエルがアルバム1枚(86年)で崩壊したのち、『アストラ』(85年)以後エイジアも活動を停止していたため、ELパーマーを再結成しようとしたらしいですが、リハーサル中にグレッグ・レイクとキース・エマーソンとの確執が表面化、グレッグ・レイクが去ってしまいます。そのためベリーを加えてリリースしたのがこの作品(88年)。
 音楽的なリーダーシップをとっているのは、ロバート・ベリーです。曲の大半は彼の作品であり、明るく伸びやかな彼のヴォーカルも曲とよくマッチしています。彼は、元々エイジアのマネージャーだったブライアン・レインが、GTRを脱退したマックス・ベーコンの後釜にすえようとしたヴォーカリスト。という経緯を聞けば、音の方は予想される作りでしょう。3分の2ELPということで、ELPの音を期待した向きも多かったようですが、当時流行のエイジア~GTR 系のちょっとハードで、メロディアスな、アメリカ市場を意識したポップなロック。その点が大方のプログレ・ファンを失望させたようですが、この時代の音作りとして考えた場合は悪くありません。ということは、今聴くといかにも大仰で、普遍性に欠けるということでもありますが。
 多くのファンが失望したのは、曲の雰囲気もさることながら、キース・エマーソンがほとんど目立たないことではないでしょうか。「デスデ・ラ・ヴィダ」などでは彼らしいプレイもうかがえますが、全体的にはベリーのサポートという観が強い感じがします。やはりエマーソンの本領は、リーダーとして自分が前面に出てプレイするときこそ発揮されるようです。

nice!(1)  コメント(0) 
GTR/ 3(Three) ブログトップ