So-net無料ブログ作成
検索選択
エイジア ブログトップ

LIVE in the HOOD / QANGO [エイジア]

IMG_3441.jpg


『 ライヴ・イン・ザ・フッド』 クァンゴ
1. TIME AGAIN
2. SOLE SURVIVOR
3. BITCHES CRYSTAL
4. DK SOLO
5. ALL ALONG THE WATCHTOWER
6. THE LAST ONE HOME
7. JY SOLO
8. HOEDOWN
9. FANFALE FOR THE COMMON MAN
10. HEAT OF THE MOMENT


 1990年代の後半、ジョン・ウェットンは経済的にかなり危うい状況にあり、さらに過度の飲酒が原因で体調も万全ではなかったようです。99年春、「オリジナル・エイジア再結成、そして来日!」が報じられてチケットも発売されながら流れてしまい、代わりにジョン・ウェットン・バンドが来日というドタバタ劇もありました。

 その99年秋、ウェットンがカール・パーマーと結成したユニットがQANGO(クァンゴ)。ウェットンとパーマー以外のメンバーは、デイヴ・キルミンスターとジョン・ヤング。ジョン・ヤングは再結成グリーンスレイドや一時エイジアにも参加していたキーボード・プレイヤーで、一方のデイヴ・キルミンスターは2005年にキース・エマーソンが来日した際に帯同したギタリスト。アンコールでツェッペリンの「ブラック・ドッグ」を、キース・エマーソンをバックに自らのヴォーカル付きで披露したという伝説の?人物であります。

 クァンゴはスタジオ・アルバムを残さず、ライヴ・アルバムを1枚残しただけです。収録日は2000年2月3日、場所はバーミンガム。会場の「ROBINS R'&R' CLUB 1」は比較的小さなホールのようで、歓声や拍手はかなり近いところから聞こえます。演奏された曲目は、エイジア、ELPの曲ですが、ボブ・ディランのカヴァー「見張り塔からずっと」をアコースティック風アレンジで演奏しているのが興味深いところ。

 特筆すべきはギターのデイヴ・キルミンスター。ギターで演奏する「ホウダウン」の演奏はアグレッシヴで聞き物です。なおオフィシャルには収録されていませんが、エイジアの「ONLY TIME WILL TELL」や「DON'T CRY」なども演奏されており、『QUANGO』(HIGHLAND HL459/460)で聞くことができます。オフィシャル盤中で惜しむらくはキルミンスターの叙情的なアコースティック・ギター・ソロの編集で、もともと4分あったものが2分にカットされ、「プロムナード(展覧会の絵)」(ELP)~「ブック・オブ・サタデー」(キング・クリムゾン)に続いて演奏された、「チューブラー・ベルズ」(マイク・オールドフィールド)のパートがそっくりカットされています(>_<)。

 この『ライヴ・イン・ザ・フッド』、2007年に紙ジャケ盤が出たと思ったら、翌2008年にはSHM-CD盤がリリースされました。SHM-CD盤は紙ジャケ仕様ではないですが、値段は2800円で、紙ジャケ盤より300円高い。SHM-CD盤の番号はGQCP-59004なので、オークションなどで購入する場合は注意すべし。

デイヴ・キルミンスターのオフィシャル・サイト http://www.davekilminster.com/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ASIA IN N.Y. 1982 / ASIA [エイジア]

IMG_3438.jpg


『ASIA IN N.Y.1982』(asteroid AR12~3)
Disc 1
1. Time Again
2. One Step Closer
3. Without You
4. Steve Howe Guitar Solo
5. Midnight Sun
6. Only Time Will Tell
7. The Smile Has Left Your Eyes
Disc 2
1. Cutting The Pine
2. Wildest Dreams
3. Here Come the Feeling Eye to Eye
4. Sole Survivor
5. Heat of the Moment
6. The Smile Has Left Your Eyes (Bonus Track)

 エイジアの初期、1982年6月22日のニューヨーク公演 (Palladium)を収録した、なかなか良いアイテムです。『beatleg』No.59のエイジア特集で、漫画家のしろみかずひさ氏が、以下の理由 から「傑作ブート」と紹介しています。
①ノーカット完全収録であること
②オーディエンスながら、かなりの高音質であること
③セットリストがツアー最初期のものに戻り、緩急がついたステージ構成になっていること。
④「The Smile Has Left Your Eyes」が最初期アレンジのヴァージョンで聴けること。

ディスク2の最後「The Smile Has Left Your Eyes 」は、MTVにおけるジョン・ウェットンのアコースティック弾き語りヴァージョンです。
nice!(0)  コメント(0) 

Enso-Kai / ASIA [エイジア]

IMG_3435.jpg


『演奏会』エイジア (NMC PILOT87)
1. Heat Goes On
2. Here Come the Feeling
3. Eye to Eye
4. Only Time Will Tell
5. Open Your Eyes
6. Smile Has Left Your Eyes
7. Wildest Dreams
8. Heat of the Moment
9. Sole Survivor

1982年、カール・パーマーはジョン・ウェットン、スティーヴ・ハウ、ジェフ・ダウンズとともに結成したエイジアの1stアルバムをリリース、世界的に大ブレイクしました。『ミュージック・ライフ』では5つ星の満点だったと思います。
ところが来日(ライヴが全米中継される予定だった)を控えた83年後半、ジョン・ウェットンがスティーヴ・ハウとの確執からバンドを追われてしまい、窮余の策としてグレッグ・レイクを加入させるというウルトラCでこの難局をしのぎます。12月5・6・7日武道館3公演のうち、中日の6日が全米中継の日で、ビデオ(『エイジア・イン・エイジア』)にもなっていたと思いますが、私はビデオを持っていないのでこのCDはその日の公演かどうか不明です。エンハンスト仕様で、ジェフ・ダウンズのインタビューが収録されています。
グレッグ・レイクは歌詞を見ながら演奏したそうですが、CDで聴く限りは自然で、一生懸命やっています。「コンニチワ、トウキョウ~、ゲンキデスカ~」など、ファンサービスも彼らしい。拍手を送りたいです。ヒット曲「ヒート・オヴ・ザ・モーメント」では、歓声が沸きます。当時の『ミュージック・ライフ』には、来日時の裏話として、リハーサル中、高慢なジェフ・ダウンズに業を煮やしたグレッグが「キース・エマーソンを呼べ!」と叫んだというエピソードが載っていました。
翌年初めにグレッグは脱退、その後ジョン・ウェットンが復帰すると入れ替わりにジョンと仲が悪かったスティーヴ・ハウが脱退します。










nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
エイジア ブログトップ