So-net無料ブログ作成
エマーソン、レイク&パーマー ブログトップ
前の5件 | -

1973年12月7日のEMERSON, LAKE & PALMER [エマーソン、レイク&パーマー]

 Eに続いてLも鬼籍に入り、残るはPだけとなってしまったELP(Pのうちパウエルは最も早くこの世を去っているが)。自分の若かりし頃の復元ポイントが次々となくなっていく。
 1973年は代表作『恐怖の頭脳改革』がリリースされた年。2月から6月まで欧州ツアーを行い、そのままレコーディング(6月~9月)、そして11月からは全米ツアーを敢行するという実に充実した年である。この「恐怖の頭脳改革ツアー」は、73年11月のフロリダ公演を皮切りに、年をまたいで翌74年4月の「カリフォルニア・ジャム」まで約60回の公演を行っているが、このツアー中74年2月10日のアナハイム公演(カリフォルニア)の模様を収めたのが、LP3枚組でリリースされたオフィシャルの『レディーズ&ジェントルメン』だ。

DSCF3182.JPG 

AQUAKARN#10
HIGHLAND HL350/351

【DISC1】
 01. HOEDOWN
 02. JERUSALEM
 03. TOCCATA
 04. TARKUS
  Eruption
  Stone of Years
  Iconoclast
  Mass
  Manticore
  Battlefield
  Epitaph
  Aquatarkus
 05. BENNY THE BOUNCER
 06. TAKE A PEBBLE (Fugue)
 07. STILL...YOU TURN ME ON
 08. LUCKY MAN (with Piano)
 09. PIANO IMPROVISATIONS (inc. Little Rock Getaway)
 10. TAKE A PEBBLE (Conclusion)
 
【DISC2】
 01. KARN EVIL 9
  1st Impression
  2nd Impression
  3rd Impression
 02. PICTURES AT AN EXHIBITION
  Promenade
  Outroduction


 この日はカナダのトロント公演。音質は並で、マスターに起因すると思われる音飛びやらヨレなどがあるが、演奏自体は素晴らしい。絶頂期へと昇りつつあるバンドの勢いを感じさせるステージだ。「ホウダウン」ではエマーソンのアドリブ・ソロが秀逸。絶好調である。「エルサレム」ではエンディングの♪In England's green and pleasant landでレイクが♪ラ~ンド↑と上げて歌うところがカッコいい(オフィシャルの『レディーズ&ジェントルメン』でもこのように歌っている)。さらに「ラッキー・マン」はピアノ伴奏付だし、これで高音質だったら言うことないのに....。怪獣「タルカス」の突進もかくやと思える演奏は、スリー・ピース・バンドのライヴとは思えない迫力。「エピタフ」~「アクアタルカス」も静と動の対比が素晴らしく、これをイイ音で聴きたかった!CD2は、欠落がさらに激しくなる。音質は悪いが、いい演奏なので我慢して聴いていると突然飛んでしまうので、精神衛生上よろしくない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

1973年4月10日のEMERSON,LAKE&PALMER [エマーソン、レイク&パーマー]

IMG_3598.jpg
 

   『GANTON9』 (HIGHLAND HL550/1)
   DISC 1
    01. 奈落のボレロ
    02. 悪の教典#9 第一印象
    03. ジェレミー・ベンダー~シェリフ
    04. タルカス
    05. 石をとれ
    06. スティル....ユー・ターン・ミー・オン

   DISC 2
    01. ピアノ・インプロヴィゼイション
    02. 石をとれ(リプライズ)
    03. ホウダウン
    04. 展覧会の絵
    05. トッカータ
    06. ロンド

 1973年は、2月20日のドイツ公演(キール)を皮切りに、6月まで続くヨーロッパ・ツアーで始まります。この日は西ドイツ(当時)のルートヴィヒスハーフェン公演。

 これは本当にこの日の公演なのでしょうか?というのも、ここでは「悪の教典」「トッカータ」「スティル....ユー・ターン・ミー・オン」といった『恐怖の頭脳改革』に収録されている曲が収録されていますが、『頭脳改革』のリリースはこの年の11月です。いずれもプロタイプというよりも完全な形で演奏されています。73年ヨーロッパツアーの音源がこの日以外に手元にないので、なんともいえませんが、この日の音源と判断してもよさそうです。というのも、『恐怖の頭脳改革』リリース後の73年11月から始まる北米ツアーでは「悪の教典」は第三印象まで演奏されていますし、また2010年にリリースされたライヴコンピレーション『A TIME AND A PLACE』では、この日の公演と同じ「トッカータ」が収録されています。また同じく『A TIME AND A PLACE』には1曲だけ4月24日のミュンヘン公演が収録されていますが、「ジェレミー・ベンダー~シェリフ」が同じ形で収録されています。

 音質はあまりよくないですが、ライヴで演奏されることは珍しい「奈落のボレロ」が収録されていることや、「ラッキー・マン」がピアノの伴奏入りで演奏されていることなど、興味深い内容です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

1972年11月26日のEMERSON, LAKE & PALMER [エマーソン、レイク&パーマー]

7000097264000if.jpg


01)HOEDOWN
02)TARKUS
  Eruption
  Stone of Years
  Iconoclast
  Mass
  Manticore
  Battlefield
  Epitaph
  Aquatarkus
03)THE ENDLESS ENIGMA PART 1
04)ALAN FREEMAN THEME(At The Sign Of The Swingin' Cymbals)
05)THE SHERIFF
06)TAKE A PEBBLE
07)LUCKY MAN
08)PIANO IMPROVISATION
09)TAKE A PEBBLE(Reprise)
10)PICTURES AT AN EXHIBITION
  Promenade
  The Hut of Baba Yaga
  The Curse of Baba Yaga
  The Great Gates of Kiev
11)NUTROCKER
12)RONDO

72年の『トリロジー』ツアーの最後となったのは、11月から約1か月にわたるUKツアー。その終盤のハマースミス・オデオンでのライヴ。『マンティコア・ヴォルツ Vol.2』に『A RIGHT CORDIAL SHOCKER』というタイトルで収録されている2枚組。『NUTROCKER '72』(ZA 72/73)および『CUT THE ORGAN』(HAMODE72)も同内容。『マンティコア・ヴォルツ』はリマスターされているという話だけれど、音質がよくなったようには思えません。
場所がロンドンということもあってか、演奏にも力がこもっています。音質もまぁまぁ。興味深いのは、「タルカス」の最初と最後にタルカスの咆吼らしきSEがはいっていること。「チューブラー・ベルズ」B面のような声です。『CUT THE ORGAN』にクレジットされている「ALAN FREEMAN THEME」という曲は、『マンティコア・ヴォルツ』にクレジットされている曲名が正式名称。この曲は、イギリスで有名なDJアラン・フリーマンが自分の番組のテーマソングにした曲です。YouTubeでオリジナルを聞くことができます。「ピアノ・インプロヴィゼイション」のイントロで「猫踏んじゃった」を弾いているのはご愛敬。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

1972年8月13日の EMERSON, LAKE & PALMER [エマーソン、レイク&パーマー]

7000040056100if.jpg


『ENDLESS ENIGMA』(FIRE POWER FP-011)
DISC 1
1.ホウダウン
2.タルカス
a.噴火
b.ストーンズ・オブ・イヤーズ
c.アイコノクラスト
d.ミサ聖祭
e.マンティコア
f.戦場~エピタフ
g.アクアタルカス
3.永遠の謎 パート1
4.フーガ
5.永遠の謎 パート2
3.シェリフ
4.石をとれ

DISC 2
1.ラッキー・マン
2.石をとれ(リプライズ)
3.展覧会の絵
a.プロムナード
b.バーバ・ヤーガの小屋
c.バーバ・ヤーガの呪い
d.キエフの大門
4.グランド・フィナーレ(ロンド)

7月末から始まったUSツアーの中盤。この日はニューヨーク州のサラトガ公演(同じ配給元のアトランティック・レーベル所属のブラック・オーク・アーカンサスとの抱き合わせだったようです)。この公演の音源は、ツェッペリンの音源をいくつかリリースしていたDYNAMITE STUDIOから『TORTURED DREAM』という1枚モノでリリースされており、オフィシャルの『オリジナル・ブートレッグ・シリーズ・フロム・ザ・マンティコア・ヴォルツ Vol.1』収録のCD(『ICONOCLASTIC MADNESS』)も同内容。 オープニングがこれまでの「タルカス」から「ホウダウン」にかわっています。オフィシャル・ブートレッグは『TORTURED DREAM』と同じく、「エピタフ」を含む「タルカス」の後半がバッサリとカットされています。「フーガ」の途中、客が何かトラブルを起こしたらしく、キースは演奏を中断し、グレッグが「What's the problem?」と問いかけ、それに続いてキースが何事がを話しています(何を話しているか不明)。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

1972年7月28日の EMERSON, LAKE & PALMER [エマーソン、レイク&パーマー]

7000027681300if.jpg


『CELESTIAL DOGGIE : THE LOBSTER QUADRILLE』
DISC 1
1.タルカス
a.噴火
b.ストーンズ・オブ・イヤーズ
c.アイコノクラスト
d.ミサ聖祭
e.マンティコア
f.戦場~エピタフ
g.アクアタルカス
2.永遠の謎
a.永遠の謎 パート1
b.フーガ
c.永遠の謎 パート2
3.シェリフ
4.石をとれ
5.ラッキー・マン

DISC 2
1.石をとれ(リプライズ)
2.展覧会の絵
a.プロムナード
b.バーバ・ヤーガの小屋
c.バーバ・ヤーガの呪い
d.キエフの大門
3.ホウダウン
4.グランド・フィナーレ(ロンド)

この時期の音源としては良好な音質。オフィシャル『オリジナル・ブートレッグ・シリーズ・フロム・ザ・マンティコア・ヴォルツ Vol.1』に、『A. D. AT THE LONG BEACH ARENA, CALIFORNIA JULY 28TH 1972』(No Lebel SELP-349-1/2)と同じ音源が収められています(『CELESTIAL DOGGIE : THE LOBSTER QUADRILLE』というタイトルがついています)。直前の日本公演とは、時間的にかなり近いものの、演奏曲目・内容がかなり違ってます。「展覧会の 絵」では、「バーバ・ヤーガの呪い」の部分で「奈落のボレロ」のフレーズを聴くことができ、この部分からその後の部分でのシンセサイザーの演奏はかなりア グレッシヴで、まるでシンセが悲鳴を上げているかのようです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - エマーソン、レイク&パーマー ブログトップ