So-net無料ブログ作成
検索選択
エマーソン、レイク&パーマー ブログトップ
前の5件 | -

1973年4月10日のEMERSON,LAKE&PALMER [エマーソン、レイク&パーマー]

IMG_3598.jpg
 

   『GANTON9』 (HIGHLAND HL550/1)
   DISC 1
    01. 奈落のボレロ
    02. 悪の教典#9 第一印象
    03. ジェレミー・ベンダー~シェリフ
    04. タルカス
    05. 石をとれ
    06. スティル....ユー・ターン・ミー・オン

   DISC 2
    01. ピアノ・インプロヴィゼイション
    02. 石をとれ(リプライズ)
    03. ホウダウン
    04. 展覧会の絵
    05. トッカータ
    06. ロンド

 1973年は、2月20日のドイツ公演(キール)を皮切りに、6月まで続くヨーロッパ・ツアーで始まります。この日は西ドイツ(当時)のルートヴィヒスハーフェン公演。

 これは本当にこの日の公演なのでしょうか?というのも、ここでは「悪の教典」「トッカータ」「スティル....ユー・ターン・ミー・オン」といった『恐怖の頭脳改革』に収録されている曲が収録されていますが、『頭脳改革』のリリースはこの年の11月です。いずれもプロタイプというよりも完全な形で演奏されています。73年ヨーロッパツアーの音源がこの日以外に手元にないので、なんともいえませんが、この日の音源と判断してもよさそうです。というのも、『恐怖の頭脳改革』リリース後の73年11月から始まる北米ツアーでは「悪の教典」は第三印象まで演奏されていますし、また2010年にリリースされたライヴコンピレーション『A TIME AND A PLACE』では、この日の公演と同じ「トッカータ」が収録されています。また同じく『A TIME AND A PLACE』には1曲だけ4月24日のミュンヘン公演が収録されていますが、「ジェレミー・ベンダー~シェリフ」が同じ形で収録されています。

 音質はあまりよくないですが、ライヴで演奏されることは珍しい「奈落のボレロ」が収録されていることや、「ラッキー・マン」がピアノの伴奏入りで演奏されていることなど、興味深い内容です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

1972年11月26日のEMERSON, LAKE & PALMER [エマーソン、レイク&パーマー]

7000097264000if.jpg


01)HOEDOWN
02)TARKUS
  Eruption
  Stone of Years
  Iconoclast
  Mass
  Manticore
  Battlefield
  Epitaph
  Aquatarkus
03)THE ENDLESS ENIGMA PART 1
04)ALAN FREEMAN THEME(At The Sign Of The Swingin' Cymbals)
05)THE SHERIFF
06)TAKE A PEBBLE
07)LUCKY MAN
08)PIANO IMPROVISATION
09)TAKE A PEBBLE(Reprise)
10)PICTURES AT AN EXHIBITION
  Promenade
  The Hut of Baba Yaga
  The Curse of Baba Yaga
  The Great Gates of Kiev
11)NUTROCKER
12)RONDO

72年の『トリロジー』ツアーの最後となったのは、11月から約1か月にわたるUKツアー。その終盤のハマースミス・オデオンでのライヴ。『マンティコア・ヴォルツ Vol.2』に『A RIGHT CORDIAL SHOCKER』というタイトルで収録されている2枚組。『NUTROCKER '72』(ZA 72/73)および『CUT THE ORGAN』(HAMODE72)も同内容。『マンティコア・ヴォルツ』はリマスターされているという話だけれど、音質がよくなったようには思えません。
場所がロンドンということもあってか、演奏にも力がこもっています。音質もまぁまぁ。興味深いのは、「タルカス」の最初と最後にタルカスの咆吼らしきSEがはいっていること。「チューブラー・ベルズ」B面のような声です。『CUT THE ORGAN』にクレジットされている「ALAN FREEMAN THEME」という曲は、『マンティコア・ヴォルツ』にクレジットされている曲名が正式名称。この曲は、イギリスで有名なDJアラン・フリーマンが自分の番組のテーマソングにした曲です。YouTubeでオリジナルを聞くことができます。「ピアノ・インプロヴィゼイション」のイントロで「猫踏んじゃった」を弾いているのはご愛敬。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

1972年8月13日の EMERSON, LAKE & PALMER [エマーソン、レイク&パーマー]

7000040056100if.jpg


『ENDLESS ENIGMA』(FIRE POWER FP-011)
DISC 1
1.ホウダウン
2.タルカス
a.噴火
b.ストーンズ・オブ・イヤーズ
c.アイコノクラスト
d.ミサ聖祭
e.マンティコア
f.戦場~エピタフ
g.アクアタルカス
3.永遠の謎 パート1
4.フーガ
5.永遠の謎 パート2
3.シェリフ
4.石をとれ

DISC 2
1.ラッキー・マン
2.石をとれ(リプライズ)
3.展覧会の絵
a.プロムナード
b.バーバ・ヤーガの小屋
c.バーバ・ヤーガの呪い
d.キエフの大門
4.グランド・フィナーレ(ロンド)

7月末から始まったUSツアーの中盤。この日はニューヨーク州のサラトガ公演(同じ配給元のアトランティック・レーベル所属のブラック・オーク・アーカンサスとの抱き合わせだったようです)。この公演の音源は、ツェッペリンの音源をいくつかリリースしていたDYNAMITE STUDIOから『TORTURED DREAM』という1枚モノでリリースされており、オフィシャルの『オリジナル・ブートレッグ・シリーズ・フロム・ザ・マンティコア・ヴォルツ Vol.1』収録のCD(『ICONOCLASTIC MADNESS』)も同内容。 オープニングがこれまでの「タルカス」から「ホウダウン」にかわっています。オフィシャル・ブートレッグは『TORTURED DREAM』と同じく、「エピタフ」を含む「タルカス」の後半がバッサリとカットされています。「フーガ」の途中、客が何かトラブルを起こしたらしく、キースは演奏を中断し、グレッグが「What's the problem?」と問いかけ、それに続いてキースが何事がを話しています(何を話しているか不明)。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

1972年7月28日の EMERSON, LAKE & PALMER [エマーソン、レイク&パーマー]

7000027681300if.jpg


『CELESTIAL DOGGIE : THE LOBSTER QUADRILLE』
DISC 1
1.タルカス
a.噴火
b.ストーンズ・オブ・イヤーズ
c.アイコノクラスト
d.ミサ聖祭
e.マンティコア
f.戦場~エピタフ
g.アクアタルカス
2.永遠の謎
a.永遠の謎 パート1
b.フーガ
c.永遠の謎 パート2
3.シェリフ
4.石をとれ
5.ラッキー・マン

DISC 2
1.石をとれ(リプライズ)
2.展覧会の絵
a.プロムナード
b.バーバ・ヤーガの小屋
c.バーバ・ヤーガの呪い
d.キエフの大門
3.ホウダウン
4.グランド・フィナーレ(ロンド)

この時期の音源としては良好な音質。オフィシャル『オリジナル・ブートレッグ・シリーズ・フロム・ザ・マンティコア・ヴォルツ Vol.1』に、『A. D. AT THE LONG BEACH ARENA, CALIFORNIA JULY 28TH 1972』(No Lebel SELP-349-1/2)と同じ音源が収められています(『CELESTIAL DOGGIE : THE LOBSTER QUADRILLE』というタイトルがついています)。直前の日本公演とは、時間的にかなり近いものの、演奏曲目・内容がかなり違ってます。「展覧会の 絵」では、「バーバ・ヤーガの呪い」の部分で「奈落のボレロ」のフレーズを聴くことができ、この部分からその後の部分でのシンセサイザーの演奏はかなりア グレッシヴで、まるでシンセが悲鳴を上げているかのようです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

1972年7月24日の EMERSON, LAKE & PALMER [エマーソン、レイク&パーマー]

IMG_3337.jpg


『KOSHIEN BATTLEFIELD』 (MIND WARP MWCD-043/044)
DISC 1
1.サウンドチェック
2.ホウダウン
3.石をとれ
4.ラッキーマン
5.ピアノ・インプロヴィゼイション~石をとれ
DISC 2
1.展覧会の絵
2.ロンド
3.展覧会の絵(72年7月22日の後楽園公演より)

この日は観客の乱入によって演奏が中止されたことで知られています。「ロンド」のカール・パーマーのドラム・ソロの時に観客の一人がフェンスを乗り越えてステージに走り出し、これにつられて多くの観客がステージになだれこんだ結果、会場側が強制的に電源を切り、演奏中止という結果になってしまいました。『KOSHIEN BATTLEFIELD』では、解散を命じる場内放送と観客の「帰れ、帰れ」というコールがはっきりと聞き取れます。音質は普通のオーディエンスです。良くはありませんが、悪くもありません。時々録ってる人が出すいろんな音が聞こえるのが、なんか可笑しい。 「ホウダウン」が始まると観客は手拍子をとりますが、曲が進むにつれて合わなくなっていくところが、まだライヴに慣れていない日本人らしい。「石をとれ」から「ラッキーマン」への移行は、レイクのカントリー調ヴォーカルがない72年型ヴァージョン。「ピアノ・インプロヴィゼイション」では、お約束の「孤独なタイガー」のようなフレーズも出てきます。東京よりも演奏はいいような気もしますが、どうでしょうか?


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - エマーソン、レイク&パーマー ブログトップ