So-net無料ブログ作成
トラッド/ フォーク系 ブログトップ
前の5件 | -

THE GARDEN OF JANE DELAWNEY / TREES [トラッド/ フォーク系]

DSCF2961.JPG


ジェーン・ドゥロウニーの庭 / トゥリーズ
 01. ナッシング・スペシャル
 02. ザ・グレート・シルキー
 03. ジェーン・ドゥロウニーの庭
 04. レディ・マーガレット
 05. グラスゲリオン
 06. 美しい時を過ぎて
 07. 道
 08. 碑文
 09. かたつむりの悲しみ

 2ndアルバム『オン・ザ・ショア』(1970)が英国プログレ・フォークの名盤として知られるトゥリーズの1stアルバム(1970)。全9曲のうち4曲がトラッド・ナンバーで、エレクトリック・トラッドの雰囲気は明らかにフェアポート・コンヴェンションからの影響を感じる(フェアポートの『リージ&リーフ』がリリースされたのは69年)。情感あふれる女性ヴォーカルもサンディ・デニー的だが、サンディに比べると儚さが2割増といった感じで、とてもよい。英国トラッド特有の陰翳はあるものの、暗すぎない適度なバランスがなかなかよい塩梅で、英国エレクトリック・トラッドの名盤である。ただしエレキ・ギターがやや過剰で、曲調にあまりそぐわないソロを長々と入れる中途半端な感じがなんとも惜しい。メロディアスでいい曲が多く、セリア・ハンフリーズ嬢のヴォーカルも素晴らしいのに、曲の印象を薄くしてしまっている。この点がデイヴ・スウォーブリックとリチャード・トンプソンを中心に、メンバーが火花散るようなバトルを繰り広げてみせたフェアポートとの違いか。「かたつむりの悲しみ」みたいな、泣きの哀愁ツイン・ヴォーカル路線をつきつめて欲しかった。タイトル曲は、オール・アバウト・イヴがカヴァーしている(シングル「What Kind of Fool」のB面)。

 6曲目「美しい時を過ぎて(She Moved Through the Fair)」はレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジがデイヴィ・グレアムからパクったと言われている「ホワイト・サマー」の原曲。フェアポート・コンヴェンションなどのトラッド勢から、アイレス・イン・ガザといったニューウェイヴ勢まで幅広い英国アーティストか取り上げている名曲だ。シンプル・マインズが全英No.1を獲得した「ベルファスト・チャイルド」(89年)は、この曲の歌詞を変えたものである。
【「She Moved Through the Fair」を取り上げたアーティスト】
 ・フェアポート・コンヴェンション(『ホワト・ウィ・ディド・オン・アワ・ホリデイズ』)
 ・アン・ブリッグス(『コレクション』)
 ・アイレス・イン・ガザ(『BACK FROM THE RAIN』に「She Moves Thru the Fair」というタイトルで収録)
 ・ペンタングル(『イン・ザ・ラウンド』)
 ・バート・ヤンシュ(『Toy Balloon』)
 ・ヴァン・モリソン(with チーフタンズ)(『アイリッシュ・ハートビート』)
 ・マリアンヌ・フェイスフル(『妖精の歌(North Country Maid )』と『Blazing Away』のライヴ・ヴァージョン)
 ・オール・アバウト・イヴ(『イヴの序曲』)
 ・フィアガル・シャーキー(元アンダートーンズ、『Songs from the Mardi Gras』)
 ・マイク・オールドフィールド(『ヴォイジャー』)

 ジャケットを描いたのは、メンバーの一人でギタリストのデヴィッド・コスタ(David Costa)だが、彼はソロ・ミュージシャンとして活動する傍ら、アーティストとして幅広く活動している。Allmusicで彼のクレジットを検索すると、クイーンの『オペラ座の夜』やジョージ・ハリスンの『オール・シングス・マスト・パス』をはじめ、エルトン・ジョン、ローリング・ストーンズ、フィル・コリンズなど有名アーティストのアートワークを多数手がけていることがよくわかる。
http://www.allmusic.com/artist/david-costa-mn0000523819/credits

 現行盤は、4曲のボーナス・トラック入り。
  10. 美しい時を過ぎて (デモ・バージョン)
  11. かわいいポリー (デモ・バージョン)
  12. 黒後家蜘蛛
  13. 小さな黒い雲


ジェーン・ドゥロウニーの庭(紙ジャケット仕様)

ジェーン・ドゥロウニーの庭(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • 発売日: 2008/12/24
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

HERON / HERON [トラッド/ フォーク系]

7000004730200if.jpg


 1. Yellow Roses
  2. Car Crash
  3. Harlequin
  4. Smiling Ladies
  5. Little Boy
  6. Sally Goodin
  7. Upon Reflection
  8. Lord And Master
  9. Little Angel
  10. Goodbye
  11. For You
  12. Sally Goodin
  13. Carnival And Penitence
  
  14. Only A hobo
  15. John Brown
  16. Wanderer
  17. The Great Dust Storm
  18. Minstrel And King
  19. Winter Halequin
  20. Love 13
 先頃紙ジャケの日本盤がリリースされた、英国の4人組ヘロン(HERON)のファースト・アルバム。上記のトラックリストは私が持っている韓国盤(SRMC1031)に収録されている曲で、ボーナス・トラックは現行日本盤とは異なるようです。  この作品の魅力は、例えて言うならば手造り家具の魅力。それもプロになりたての職人が一生懸命造った、稚拙さは残るものの暖かみが感じられる家具。裏ジャケ写真そのままの雰囲気が音からも伝わってくる野外録音で、2曲目などに聞こえる小鳥のさえずりなどが、牧歌的なゆったりとした時の流れを感じさせます。木漏れ日さす晴れた日の田園風景を、そのまま音楽にしたという趣です。この作品を聴いた人は、おそらく全員が同じような「緑の木立を吹き抜けるさわやかな風」といった心象風景を思い描くのではないでしょうか。よく晴れた日曜日の朝くらいは、こんな音楽にゆっくり耳を傾ける時間が欲しいものです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

SEASONS / MAGNA CARTA [トラッド/ フォーク系]

7000004729600if.jpg


  『四季』マグナ・カルタ
    1.シーズンズ
    2.ゴーイン・マイ・ウェイ(ロード・ソング)
    3.エリザベサン
    4.ギヴ・ミー・ノー・グッバイ
    5.リング・オブ・ストーンズ
    6.スケアクロウ
    7.エアポート・ソング

 マグナ・カルタというクラシカルなネーミングを持ったこのバンド、メンバーはクリス・シンプスン(ギター)、ライアル・トランター(ギター)そしてグレン・ステュアート(ヴォーカル)の3人。69年にフォンタナからデビュー・シングル、マーキュリーからデビュー・アルバムをリリースし、その後ヴァーティゴに移籍してリリースしたのがこの2枚目(70年)。
 A面すべてを使った組曲「シーズンズ」は、冬の後に春が来て、夏・秋をへてまた冬に戻るという四季の移り変わりを、詩の朗読を交えつつ歌った作品。温かみのあるアコースティック・ギターのアンサンブルと上品なコーラスは、ブリティッシュ・テイストに溢れた秀作。「冬」でのもの悲しげなギターに対して、「夏」で使われるオーケストラなど緩急に富んだ構成も見事。このあたりはプロデュースを担当したガス・ダッションの手腕と彼の人脈と思われるトニー・ヴィスコンティ(リコーダー)の参加に寄るところが大きいでしょう。後半の小品も、落ち着いた「エリザベサン」やリック・ウェイクマンがオルガンを弾きまくる「リング・オブ・ストーンズ」などいい曲ばかりです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

MORNING WAY / TRADER HORNE [トラッド/ フォーク系]

7000004729400if.jpg


 『モーニング・ウェイ』トレイダー・ホーン(テイチク 22DN-70)
  1.ジェニー・メイ
  2.オールの子供たち
  3.エルバンの王様へ3つの指輪を
  4.伸びゆく若者
  5.落ちぶれ果てた男のブルース
  6.ザ・ミックスト・アップ・カインド
  7.今日より素晴らしい日を
  8.孤独のなかで
  9.シーナ
  10.ミュータント
  11.朝の光の中で
  12.償いのヴェルヴェット
  13.夜明けの呼び声

 ジュディー・ダイブルとジャッキー・マコーレイの男女二人のデュオ、トレイダー・ホーンによる唯一のアルバム(70年)。ジュディー・ダイブルは元フェアポート・コンヴェンションのヴォーカリスト(彼女の後にサンディ・デニーが加入する)で、その後ジャイルズ、ジャイルズ&フィリップ(キング・クリムゾンの前身....ジュディ・ダイブルはイアン・マクドナルドと恋仲だった)に参加した女性。クリムゾンのベスト盤『新世代への掲示(A Young Person's Guide To King Crimson)』では、彼女がヴォーカルをとる「風に語りて」が収録されています。一方のジャッキー・マコーレイは、北アイルランド出身のミュージシャンで、弟パトリックとともにゼムのメンバーだった男性で、その後弟とともゼムを脱退し、ベルファスト・ジプシーズというバンドを結成していた人物です。
 シンプル(エレクトリックな楽器がほとんど使われていない)でメルヘンチックな雰囲気が、このバンドの魅力です(内ジャケそのままの世界!)。アコースティックな感覚は伝統的なトラッドという感じですが、トラッド曲は5のみで(この曲だけダイブルはジャージーな歌い方)、残りの曲のほとんどはマコーレイの作品(11・12をのぞく)。そのため、作品全体に統一感があり、これまでフェアポートやGG&Fではその魅力が必ずしも発揮されていなかったジュデイ・ダイブルの透明感溢れるハイ・トーン・ヴォイスがよく生かされたつくりになっています。強いて難点をあげれば、ダイブルのヴォーカルが素晴らしい分、マコーレイのヴォーカルがイマイチなところ。特に2などでは、彼のヴォーカル面での弱さが気になるところです。11はダイブルの作品で、アルバム中最もシンプルな12は意外にもダイブルと、ブルース・ロック・バンド、スティームハマー(STEAMHAMMER)のギタリスト、マーティン・クイッテントン(後にロッド・スチュワートのバックをつとめ、「マギー・メイ」を共作した人)との共作です。このあたりのつながりも興味深いですね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Just a collection of ANTIQUES AND CURIOS / STRAWBS [トラッド/ フォーク系]

7000004729100if.jpg


『骨董品』 / ストローブス (D32Y3524)
  1.キング牧師の夢
  2.アンティーク・スウィート
    死神
    三途の川
    骨董品と古道具
    やあ、しばらくだったね
  3.激しき心
  4.フィンガーティプス
  5.愛する人に光を
  6.砂時計

 デイヴ・カズンズ率いるストロウブスの特徴を、一言で表すことはなかなか難しい。後にイエスに加入してその音楽性を特徴づけたリック・ウェイクマンが在籍していたプログレ・バンドととらえることも可能だろうし、ポップ・ロック・バンドとしての一面も持っている。とはいえ、ストロウブスの本質(というかデイヴ・カズンズの本質)がトラッド/フォークにあることは確かだろう。なにしろこのバンドの初期にはあのサンディ・デニーも参加していたのだから。
 さて、この作品は彼らがA&Mから70年にリリースした3枚目の作品で、ライヴ盤(プロデュースはトニー・ヴィスコンティ)。この作品からストロウブスの正式メンバーとなったリック・ウェイクマンが大きな役割を果たしている。彼の作で、ピアノによるインスト曲「激しき心」などはクラシック的(ちょっとジャズっぽい演奏もしてるけど)な感じもするが、トータルではアコースティックでトラディショナルな雰囲気の作品。トータルでは英国的雰囲気が強いんだけど、「フィンガーティプス」ではインド風の演奏が展開され、サイケ調な雰囲気が感じられて面白い。「愛する人に光を」は、リック・ウェイクマンのピアノとデイヴ・カズンズのヴォーカル、アコースティック・ギターなどが一体となった佳曲。コーラスもいい。エレクトリック・フォークといった趣の「砂時計」で、リック・ウェイクマンのオルガンはドアーズみたいでやたら目立っているけど、過剰な感じがしないでもない。 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - トラッド/ フォーク系 ブログトップ