So-net無料ブログ作成
検索選択
スティーライ・スパン ブログトップ

WOMAN IN THE WINGS / MADDY PRIOR [スティーライ・スパン]

IMG_3285.jpg


マディ・プライア『ウーマン・イン・ザ・ウィングス』(VSCD-1232)

  1.Woman in the Wings
  2.Cold Flame
  3.Mother and Child
  4.Gutter Geese
  5.Rollercoaster
  6.Deep Water
  7.Long Shadows
  8.I Told You So
  9.Rosettes
  10.Catseyes
  11.Baggy Pants

 スティーライ・スパンのヴォーカリスト、マディ・プライアがバンド解散の78年にリリースしたした初ソロ・アルバム。プロデューサーとしてジェスロ・タルのイアン・アンダーソンがクレジットされ、バックにもタルのメンバーが参加しており、 一聴して感じるのは、この人の音楽的な幅の広さ。全局彼女のオリジナル曲ですが、「Cold Flame」のようなロックン・ロール・タイプの曲から、アメリカンな「I Told You So」、イアン・アンダーソンの妻ショーナ・アンダーソンがコーラスで参加しているポップな「Catseyes」、そしてジャズ風のラスト・ナンバー「Baggy Pants」まで、ヴォーカリストとしてだけではなくソングライターとしての才能も遺憾なく発揮されています。アシュレー・ハッチングスに遠慮して?、やりたい音楽がやれなかった鬱憤を一気に晴らすかのような名作。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

BELOW THE SALT / STEELEYE SPAN [スティーライ・スパン]

IMG_3279.jpg


 1.スポッテッド・カウ
 2.ローズバッド・イン・ジューン
 3.ジグズ
 4.シープクルック・アンド・ブラック・ドッグ
 5.ロイヤル・フォレスター
 6.キング・ヘンリー
 7.ガウデーテ
 8.ジョン・バーレイコーン
 9.ソウシー・セイラー

バンドの創設者アシュリー・ハッチングスの脱退は、ジェネシスからピーター・ガブリエルが脱退したようなものであったに違いない。だがその危機を乗り越えて制作されたこの4枚目(72年)は、そのようなバンドの事情を感じさせない大傑作である。ここで聴くことの出来るリラックスした演奏を聴くと、アシュリーの求道者然としたストイックさに他のメンバーは窮屈な思いをしていたのではないかという気さえする。有名なチャイルド教授(フェアポートの『リージ&リーフ』の中ジャケでも解説されている)が収集したバラッドの1つ「キング・ヘンリー」から 16世紀の聖歌集『ピエ・カンツィオーネス』 (以前日本でも一部がサントリーウィスキーのCMに使われた) より引用された「ガウデット」、そしてトラフィックでも知られる「ジョン・バーレイコーン(・マスト・ダイ)」の3曲の流れは、秀逸な古楽の解釈と動と静の対比とが相まって素晴らしい出来である。この3曲から、マディ・プライアのクリア・ヴォイスが響き渡るエンディングの「ソウシー・セイラー」を聴いていると、UKトラッドの豊かな世界を実感せざるを得ない。紙ジャケ日本盤(TOCP-67264)のライナーは、データ、的確な評価などとてもよいライナーだと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
スティーライ・スパン ブログトップ