So-net無料ブログ作成
検索選択
名プレイヤーのソロ・アルバム ブログトップ

Swarbrick / Dave Swarbrick [名プレイヤーのソロ・アルバム]

7000004609300if.jpg


  1.ハイランマン / ドラウジー・マギー
  2.カーシーズ・マーチ
  3.ホワイト・コケイド / ドグ・ボイズ・ジーグ / ダーハム・レインジャーズ
  4.マイ・シンギング・バード
  5.ナイチンゲール
  6.ワンス・アイ・ラヴド・ア・メイドン・フェア
  7.キラーネイ・ボーイズ・オブ・プレジュア
  8.レディ・イン・ザ・ボート / ロージン・ザ・パウ / タタール人チムール
  9.バイカー・ヒル
  10.エース・アンド・デュース・オブ・バイパリング
  11.ホール・イン・ザ・ウォール
  12.ベン・ドリアン
  13.ハリチャンズ / コーラス・ジーグ
  14.79年ジブラルダルとの決別
  15.アーサー・マクブライド/スナッグ・イン・ザ・ブランケット


 フェアポート・コンヴェンションの屋台骨を支えた名フィドラー、デイヴ・スウォーブリックのソロ・アルバム(76年)。1960年代にマーティン・カーシーとともにデュオを組んでいた彼は、69年にフェアポート・コンヴェンションの『アンハーフブリッキング』に参加、フェアポートにトラッドをもたらします。名作『リージ&リーフ』からフェアポートの正式メンバーとなった彼は、以後解散までバンドを支え続けました。「エレクトリック・トラッド」いうコンセプトを持ち込んだのも、彼です。メンバーの出入りが激しいフェアポートにあって、実質的なリーダーはスウォブだったのではないでしょうか?
 この作品は彼の初ソロというわけではありませんが、彼の経歴を語る上では欠かせない作品です。盟友マーティン・カーシーをはじめ、当時フェアポートのメンバーだったサイモン・ニコル、デイヴ・ペグらが参加しており、彼らとともに息のあった演奏を繰り広げています。彼のプレイの魅力は、瑞々しい躍動感です。そしてトラディショナルな中にも、洗練された雰囲気を感じさせるスマートな演奏。情感あふれるマンドリンのプレイも素晴らしい。一本調子になりがちなアルバム全体の雰囲気を、マーティン・カーシーをはじめとするバックのメンバーがうまくサポートしています。彼のギターも、聞き物です。
nice!(0)  コメント(0) 

THE TIN MAN WAS A DREAMER / NICKY HOPKINS [名プレイヤーのソロ・アルバム]

7000004608600if.jpg

『夢見る人』ニッキー・ホプキンス
  1.サンダウン・イン・メキシコ
  2.ウェイティング・フォー・ザ・バンド
  3.エドワード
  4.ドリー
  5.スピード・オン
  6.夢見る人
  7.バナナ・アンナ
  8.弁護士の嘆き
  9.シャウト・イット・アウト
  10.ピッグズ・ブギ

 中学~高校生の頃、レコード購入時に一つの指標だったのがこのニッキー・ホプキンスの参加。彼が参加したレコードは、間違いなく「アタリ」の作品でした。僕が最初に彼の名前を意識したのは、ビートルズの「レヴォリューション」とストーンズの「悪魔を憐れむ歌」でピアノを弾いている人が同じ人で、「ニッキー・ホプキンス」という名前だということを発見した時、確か中学一年生だったと思います。その後、ストーンズの「シーズ・ア・レインボー」やジョン・レノンの「ジェラス・ガイ」もこの人だと知ってとても驚きました。
 この『夢見る人』は、73年に発表したソロ・アルバムで、ソロ作中では最高傑作といっていいでしょう。「ピアノ」にこだわる彼のプレイが十分に堪能できる作品です。ゲスト参加のジョージ・ハリスンも(George O'Haraという変名でクレジットされている)、素晴らしい演奏を繰り広げています。1曲目のリリカルなインストから、もうすぐ明るい希望が到来するかのような「ウェイティング・フォー・ザ・バンド」、ジョージ・ハリスンが素晴らしいスライド・ギターを披露する「エドワード」、そしてイギリス的な暗さ漂う「ドリー」までの流れは最高。ピアノだけでなく彼の味わい深いヴォーカルも印象深いのが、タイトル・ナンバー「夢見る人」と、「弁護士の嘆き」。両曲でのオーケストラレーションはしっとりとした感じで、控えめでとてもいい感じです。元ストーンズのミック・テイラー、クラウス・ヴアマン(ビートルズの『リヴォルバー』のジャケット・デザイナー)、レイ・クーパー(ロニー・レイン支援コンサートでパーカッション叩いていた人)も好演です。アメリカ的ダイナミックさを感じさせる「シャウト・イット・アウト」など、彼の音楽的幅の広さを感じさせます。締めの軽快なブギ・ウギ調ピアノも最高!サポート・メンバー全員、ニッキーをもり立てることに徹しながらもさりげなく自己主張していて、リラックスした雰囲気も素晴らしい。
 ニッキー・ホプキンスは残念ながら94年に50歳の若さで亡くなっています。僕が彼の死を知ったのは、『レコード・コレクターズ』誌のストーンズ特集(1995年3月号)の記事でした。随分と驚き、また残念に思ったことでした。テレビドラマ『逃亡者』(江口洋介主演)の音楽担当がニッキー・ホプキンスだったということを知り、全く見ていなかった僕は、これまたずいぶんと驚いたものでした。
nice!(0)  コメント(0) 
名プレイヤーのソロ・アルバム ブログトップ