So-net無料ブログ作成
エリック・クラプトン ブログトップ

461 OCEAN BOULEVARD / ERIC CLAPTON [エリック・クラプトン]

o0300026210823675307.jpg


『461 オーシャン・ブールヴァード』エリック・クラプトン
1.マザーレス・チルドレン
2.ギヴ・ミー・ストレングス
3.ウィリー・アンド・ザ・ハンド・ジャイヴ
4.ゲット・レディ
5.アイ・ショット・ザ・シェリフ
6.アイ・キャント・ホールド・アウト
7.プリーズ・ビー・ウィズ・ミー
8.レット・イット・グロウ
9.ステディ・ローリン・マン
10.メインライン・フロリダ


 レインボー・シアターでの復活ライヴ(『レインボー・コンサート』)の翌年、マイアミでレコーディングされたこの作品で(全米アルバム・チャート4週連続No.1)、クラプトンは見事にカムバックしました。フロリダという地域的な要因もあるでしょうが、カラッとした明るい雰囲気でヴォーカルも伸び伸びとしています。弾きまくるギター・ソロもありませんが、リラックスした良い雰囲気の演奏で、楽しそうに演奏している姿が目に浮かんでくるような作品に仕上がっています。いわゆるレイド・バックってやつですね。
一般的には、全米シングル・チャートのNo.1となったボブ・マーリーのカヴァー「アイ・ショット・ザ・シェリフ」がよく知られている曲ですが、アコースティック・バラードの「プリーズ・ビー・ウィズ・ミー」から、サビが印象的な隠れた名曲「レット・イット・グロウ」(ツェッペリンの「天国への階段」の、イントロっぽいフレーズが印象的)、ロバート・ジョンソンのブルース・ナンバーのカヴァー「ステディ・ローリン・マン」の3曲の流れが聞き所という気がします。そして「ゲット・レディ」でのイヴォンヌ・エリマン(ロック・オペラ「ジーザス・クライスト・スーパースター」 でマグダラのマリアを演じ、78年には『サタデー・ナイト・フィーバー』のサントラ「IF I CAN'T HAVE YOU」 が全米No.1となる)との掛け合いが渋くて、とてもイイ感じです。声域の狭い彼には、こうしたソウルフルな雰囲気が強く出せる曲や、「プリーズ・ビー・ウィズ・ミー」のようなバラードが似合うと思います。ブルース的な湿った感触は薄いですが、やはりクラプトンの代表作の一つとしていいでしょう。2004 年には、2枚組のデラックス・エディションがリリースされました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

FRESH CREAM / CREAM [エリック・クラプトン]

o0400035810823675306.jpg


『フレッシュ・クリーム』クリーム(UICY-2367)
1.アイ・フィール・フリー
2.エヌ・エス・ユー
3.スリーピィ・タイム
4.ドリーミング
5.スウィート・ワイン
6.スプーンフル
7.猫とリス
8.フォー・アンティル・レイト
9.ローリン・アンド・タンブリン
10.アイム・ソー・グラッド
11.いやな奴

 ジョン・メイオールのブルースブレイカーズを脱退したエリック・クラプトンが、ジャック・ブルース(ベース、グレアム・ボンド・オーガニゼーション~マンフレッド・マン~ブルース・ブレイカーズ)、ジンジャー・ベイカー(ドラムス、グレアム・ボンド・オーガニゼーション)とともに結成したトリオがクリーム。ベイカーとブルースの仲はとても悪かったらしく、グレアム・ボンド・オーガニゼーション時代には、ステージ上で喧嘩になったという伝説もあります。
 このアルバムは、66年にリリースされた彼らのファースト・アルバム。収録されている11曲(オリジナル・アルバムは1が収録されておらず、10曲仕様)のうち、1~5と11の6曲がオリジナル曲(クラプトンのナンバーは1曲もない)、残りがウィリー・ディクソンやマディ・ウォーターズらブルースのカヴァー曲。クラプトンが唯一ヴォーカルをとっている(他の曲はジャック・ブルースがヴォーカル)のが、ロバート・ジョンソンの8。カヴァーの多くはクラプトンの趣味なのでしょう。
 英国ブルース・ロックを代表する3人のプレイヤーが集まったバンドにしては、ブルース一辺倒の作品ではありません。オリジナル曲では、意識してメロディ重視の方向性にもっていっているようです。その代表がセカンド・シングル曲の1。最近日本では日産自動車のCMに使われたこの曲(演奏しているのはクリームではありませんでしたが)、クラプトンによる「ウーマン・トーン」の音色とも相まって、メロウで優しく親しみやすい曲に仕上がっています。作詞を担当しているピート・ブラウン(作曲はジャック・ブルース)は、ファースト・シングル「包装紙」の作詞を担当し、以後も「サンシャイン・ラヴ」「ホワイト・ルーム」といったクリームの代表曲の作詞を担当しています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

『愛しのレイラ』のリミックス・ヴァージョンはどこが違うの? [エリック・クラプトン]

o0400036310823646009.jpg


 私の手元には2枚組のCD(P36W22010/11)と、1枚モノ(POCP-1151)の2種があります。1枚モノの方は、90年に20周年記念ということで、別テイクやリハーサル・テイクを集めてリリースされた『レイラ・セッションズ』(3枚組 POCP1057/58/59)からオリジナル・アルバムの部分を1枚にまとめたものです。これは「マルチ・トラックスをデジタル・リミックス」したということで、聴き較べたのですが、ミックスが違う部分はどこか分かりませんでした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
エリック・クラプトン ブログトップ