So-net無料ブログ作成
検索選択
レッド・ツェッペリン ブログトップ
前の5件 | -

1973年7月17日のLED ZEPPELIN [レッド・ツェッペリン]

 この日はアナログ時代から有名なシアトル公演。シアトルは彼らと相性がよいのか、前年6月19日のシアトル公演も名演として知られている。 『ライヴ・ファイル』にもある通り、ともに30分以上演奏される「Dazed And Confused」「Moby Dick」、「Stairway To Heaven」の素晴らしいギター・ソロ等、この日の演奏も名演。特に私が好きなのは、「No Quarter」~「Over The Hills And Far Away」~「The Rain Song」への流れ。ロバートの調子もかなりよい。「The Rain Song」では曲の途中でメロトロンからエレクトリックピアノに切り替えている。メロトロンの反応がよくない印象を受けるので、調子が悪かったのかもしれない。エレクトリックピアノも悪くない。


『Complete Seattle』(TDOLZ 98)
 01. Rock And Roll
 02. Celebration Day
 03. Black Dog
 04. Over The Hills And Far Away
 05. Misty Mountain Hop
 06. Since I've Been Loving You
 07. No Quarter
 08. The Song Remains The Same
 09. The Rain Song
 10. Dazed And Confused
 11. Stairway To Heaven
 12. Moby Dick
 13. Heartbreaker
 14. Whole Lotta Love
 15. The Ocean

 
 この日の音源にはオーディエンス2種とサウンドボード1種の計3種が存在する。私が持っている『Complete Seattle』は、2種のオーディエンスをつなげてコンプリート収録としたアイテムだが、いかんせん編集が雑で、つなげている箇所がはっきりとわかってしまう「No Quarter」の終わり)。 最初のMCからアンコールまで、一応完全収録。このMCの内容は『コンサート・ファイル』に掲載されている。

IMG_1394.JPG


「さて、レッド・ツェッペリンの側から、きょう、ここでは二つの事柄をはっきりさせるように、と言われておりますので申し上げておきます。まず、場内では花火や爆竹類の使用はおやめください。そのようなものはしまっておいてくださいね。それともう一つ、ステージの正面には視覚効果のための機器がたくさん設置してあります。これを使用してコンサートを行うわけです。ステージにぶつかる人があってはなりません。そんなことをしたら、機械が完全に壊れてしまいますよ。レッド・ツェッペリンのコンサートは普通1時間45分続きますが、もし、その間、爆竹や花火が使用されず、ステージ正面に近づく人がなければ、レッド・ツェッペリンは皆さんに感謝し、そのうえ演奏時間を3時間に延長してくれます。ですから、席についておとなしくしていてくださいね。そうすれば、たっぷりと素晴らしいコンサートを楽しめるのですから....

 実際にはまだMCは続く。上記の箇所まで進んだところで、大歓声が起きてストップ。そのあとも"stay cool"と何度も繰り返し、観客に冷静さを求めているが、その後「fix]と言ってるので、何かしら機器にトラブルが起きたのかもしれない。数分後には始めると言ってるので、たいしたことではなかったのだろう。

 『V1/2』(Dynamite studio)はサウンドボード。完全収録ではないものの、「Over The Hills And Far Away」「The Song Remains The Same」でのブイブイとうなるベースなど、各楽器の音がかなりクリアーで、とても興味深い。 雰囲気が良いThe Rain Song」の途中で切れてしまい、ガックリきたのは私だけではあるまい。同内容のCDに『V1/2 EXTRAVAGANZA』(BADGEHOLDERS)というアイテムがあるが、『コンサート・ファイル』によれば「EXTRAVAGANZA」とはこの日の公演を称賛した『シアトル・タイムズ』紙の記事の見出しが「EXTRAVAGANZA」であった。「Misty Mountain Hop」の前でロバートは、「去年のことを覚えてるかい?」と前年6月18日のヴァンクーヴァー公演が中止となって、国境を越えたシアトルでの開催となったことに触れている。ヴァンクーヴァーから貸切バスで客を運んだということで、「バスのドライバーたちにこの曲は捧げるよ」。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

THE COMPLETE BBC SESSIONS / LED ZEPPELIN [レッド・ツェッペリン]

IMG_1290.JPG


 今を去ること19年前にリリースされた、レッド・ツェッペリンの『BBC』が「コンプリート」と銘打ってリイシューされた。ヤフオクではリリース前日の9月15日から旧盤は500円以下の投げ売り状態となっている。かつて「ブート研究家としてこのライヴを日本一、いや世界一聞き込んでいる自信をもっているし、どの曲のどの部分で切られていても判別できる耳を持っている」と豪語する竹本潔史さんから「時間をやるから、再提出せよ」と言われた旧盤(『レコード・コレクターズ』1998年1月号) が、約20年の時間をかけて如何に進化したのか。まずは今回追加された曲をみてみよう。新たに追加されたのは以下の9曲で、すべてディスク3に収録されている。

『コンプリートBBCライヴ』/ レッド・ツェッペリン
ディスク3
 1 コミュニケイション・ブレイクダウン
 2 強き二人の愛
 3 幻惑されて
 4 ホワイト・サマー
 5 強き二人の愛
 6 コミュニケイション・ブレイクダウン
 7 君から離れられない
 8 ユー・シュック・ミー
 9 サンシャイン・ウーマン

 前掲の『レコード・コレクターズ』1998年1月号35ページにはツェッペリンがBBCセッションで演奏した曲の全曲リストが掲載されており、便利なことに旧盤に未収録だったテイクは太字となっている。確認したところ、たしかに今回のリリースで「コンプリート・BBCセッションズ」となったのは確かなようだ。

 期待をこめてディスク2から聴いてみたが、嗚呼、残念!やはり「移民の詩」のイントロはそのままだった。そのほか 「胸一杯の愛を」で見られる編集も旧盤通り。2曲収録されている「強き二人の愛」のうち、『イン・コンサート』(5曲目)の方は、ブートではやり直す様子も聴けるが、やはりその部分はカットされている。どうせなら、放送日順に並べてくれて喋りもカットしないでいてくれてたらありがたかったのだが。

 「コンプリート」と銘打つからには、ZEPのBBC関連ブートをすべて市場から一掃するようなアイテムを期待していた。しかし残念ながらそこまでは至っておらず、逆にブート業者に格好の宣伝材料を与えてしまったような気がしないでもない....と欲を言えばきりがないのだが、よかったかと尋ねられれば「最高!」である。なんと言っても伝説のバンドの全盛期の演奏だ。「カシミール」が好きな私は75年アールズ・コート公演などが好みだが、71年4月にパリス・シネマで収録されたステージ(ディスク2)は、まさにレジェンド。「強き二人の愛」(ディスク3の5曲目)を元の場所(ディスク2の「ザッツ・ザ・ウェイ」と「胸いっぱいの愛を」の間)に入れ込んで、ステージを自分で再現してみるのも悪くない。


コンプリートBBCライヴ【デラックス・エディション】(3CD)

コンプリートBBCライヴ【デラックス・エディション】(3CD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: CD



COMPLETE BBC SESSION

COMPLETE BBC SESSION

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: RHINO
  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: CD



コンプリートBBCライヴ【スーパー・デラックス・エディション】(3CD+5LP)

コンプリートBBCライヴ【スーパー・デラックス・エディション】(3CD+5LP)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2016/09/28
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

1973年7月28日のLED ZEPPEIN [レッド・ツェッペリン]

IMG_1287.JPG




DISC ONE
01 : Rock And Roll
02 : Celebration Day
03 : Black Dog
04 : Over The Hills And Far Away
05 : Misty Mountain Hop
06 : Since I've Been Loving You
07 : No Quarter

DISC TWO
01 : The Song Remains The Same
02 : The Rain Song
03 : Dazed And Confused
04 : Stairway To Heaven

DISC THREE
01 : Moby Dick
02 : Heartbreaker
03 : Whole Lotta Love
04 : The Ocean


 ツェッペリン73年北米ツアーの最終公演は、NYのMSGにおける3日間連続公演。この3日間で収録された音源・映像が映画『永遠の詩』に使用されているが、この日の公演はその中日に当たる(3日間のうち、フルでSB音源が出回っているのはこの中日だけ)。当時のMSGのチケット販売告知ポスターを見ると、開演は8時。彼らは夜の11時まで演奏していたことになる。『コンサート・ファイル』には、さほどよい演奏のように書かれてはいないが、素晴らしいプレイだと思う。『ライヴ・ファイル』にもある通り、「収録を意識した冷徹さ」も感じられるが、それはそれで聴きやすいということにもつながっている。

 オフィシャル・ライヴ盤『狂熱のライヴ』に収録されているテイクのうち、「Rock And Roll」「Celebration Day」「No Quarter」「The Song Remains The Same」「 The Rain Song」「Stairway To Heaven」「Moby Dick」の7曲が、この日の公演だとされている。ただし『ブート・レッド・ゼップ』によれば、「Rock And Roll」と「Stairway To Heaven」の2曲は、27日と28日のテイクをつないだ編集であるとのこと。
オリジナル『狂熱』は、2曲目「Celebration Day」からいきなり「The Song Remains The Same」という編集だったが、2007年の『完全版』では「Black Dog」から「No Quarter」までが加わっており、セット・リスト通りとなっている(アンコール「オーシャン」の位置が異なっている)。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

1973年5月31日のLED ZEPPELIN [レッド・ツェッペリン]

DSCF2548.JPG


 有名な『BONZO'S BIRTHDAY PARTY』ですが、私が購入の参考にしていた『GOLD WAX』の73年音源の紹介(1991年発行のNo.7)では「必聴盤」という扱いではなかったこともあり、購入はかなり後回しになってしまいました。73年のUSツアーは良好なSB音源が多数出回っており、なんとなくどれも同じに聞こえてしまったということがあったのかもしれません。なので、「移民の歌」で始まる71~72年モノや、『フィジカル・グラフィティ』からの曲を含む75~77年モノをよく聞きます。
『ブート・レッド・ゼップⅢ』の解説にもあるように、この日の音源には3種類のオ-ディエンス音源のほか、SB音源もありますが、私が持っているのはオーディエンス2種と中途半端なSB音源。タイトルがいずれも『BIRTHDAY PARTY』ではありません。
 名演が多いLAフォーラムですが、この日の演奏も素晴らしい。最初はロバートの声がちょっと苦しそうな感じですが、徐々にパワーが出てきます。この日の演奏で特に私が好きなのは「ノー・クォーター」から「レイン・ソング」への流れ。ダイナミックで時に幻想的。情感あふれるような演奏は、官能的ですらあります。カシミールへの道を歩んでいるような気分。クリアなSBもいいけど、臨場感あるAUDも悪くない。


『BONZO'S BIRTHDAY PRESENTS』(CELEBRATION DEFINITIVE MASTERS SOBO-001)
01 : Celebration Day
02 : Black Dog
03 : Over The Hills And Far Away
04 : Misty Mountain Hop
05 : Since I've Been Loving You
06 : No Quarter
07 : The Song Remains The Same
08 : The Rain Song



『BONZO'S 25TH BIRTHDAY』(ARMS 31/32/33 PR)
DISC ONE
01 : Rock And Roll
02 : Celebration Day
03 : Black Dog
04 : Over The Hills And Far Away
05 : Misty Mountain Hop
06 : Since I've Been Loving You
07 : No Quarter
08 : The Song Remains The Same
09 : The Rain Song

DISC TWO
01 : Dazed And Confused
02 : Stairway To Heaven

DISC THREE
01 : Moby Dick
02 : Happy Birthday Bonzo
03 : Heartbreaker
04 : Whole Lotta Love
05 : The Ocean


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

1973年5月18日のLED ZEPPELIN [レッド・ツェッペリン]

texas.jpg


  『FOUR FOR TEXAS』(TDOLZ VOL.060)
    DISC1
    1.Rock and Roll
    2.Celebration Day
    3.Black Dog
    4.Over the Hills and Far Away
    5.Misty Mountain Hop
    6.Since I've Been Loving You
    7.No Quater

    DISC2
    1.The Song Remain the Same
    2.The Rain Song
    3.Dazed and Confused
    4.Stairway to Heaven


 テキサス州ダラスでの公演。アナログ時代から有名なSB音源で、音質はいいですが、演奏内容は今ひとつ。ジョン・ポール・ジョーンが肋骨を骨折してるというMCをロバートが行ってます。序盤はかなり危うい感じですが、「Since I've Been Loving You」からはイイ演奏になってきます。ただ「Stairway to Heaven」までの収録で、73年ツアーでは聞き物のひとつである「Whole Lotta Love」などが収録されていません。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - レッド・ツェッペリン ブログトップ