So-net無料ブログ作成

GARLANDS / COCTEAU TWINS [コクトー・トゥインズ]

DSCF2951.JPG


SIDE ONE
 01.ブラッド・ビッチ / Blood Bitch
 02.ワックス・アンド・ウェイン / Wax And Wane
 03.バット・アイム・ノット / But I'm Not
 04.ブラインド・ダム・デフ / Blind Dumb Deaf
SIDE TWO
 01.シャロウ・ゼン・ヘイロウ/ Shallow Then Halo
 02.ザ・ハロー・メン / The Hallow Men
 03.ガーランズ / Garlands
 04.グレイル・オーヴァーフロース / Grail Overfloweth


 意外なことに、アイヴォ・ワッツ=ラッセルがコクトー・トゥインズのデモテープを初めて耳にしたとき、彼が気に入ったのは「演奏のアグレッシヴさ」だったという(『ミュージック・マガジン』87年6月号)。

 『ガーランズ』は1982年にリリースされたコクトー・トゥインズの1stアルバムだが、後の「夢幻的癒しの音楽」的な要素は一切感じられない。このアルバムは、ロビン・ガスリーとエリザベス・フレイザーの他、ウィル・ヘッジー(ベース)の3ピースバンドの形態でレコーディングされた。一言で形容すれば、「暗い」作品である。ポスト・パンク、中でも「ゴス」に近いベクトルを感じる。いらだちを無理に抑え込んでいるかのようなヴォーカル、ノイジーで歪んだギター、リズムとはいえないようなベース、チープで無機質なドラム・マシーン....と、あまり好印象とは言えないような表現が続いてしまう。唯一印象に残るのは、奇妙なヴィブラートがかかり、時折裏声になるエリザベスのヴォーカルくらい。
 裏ジャケにクレジットされている「Thanks ivo, vince, nigel」のvinceとはデペッシュ・モード~ヤズー~イレイジャーのヴィンス・クラーク。彼はリズム・ボックスのプログラミングを手伝ったらしい。"nigel"は、ジャケットのアートワークを手がけた23envelopeのナイジェル・グリーアソン(Nigel Grierson)のことだろうか。

 デビュー当時の発掘映像をみると、まさしくポスト・パンク~ニュー・ウェーヴ然としており、デビュー当時のスージー&ザ・バンシーズを思い出す。1963年生まれのエリザベスは、このアルバムがリリースされた82年当時19歳。『トレジャー』あたりから聴き始めた人(私もそうだが)がこの映像を視たら、絶句してしまうのではないだろうか。

「Wax And Wane」(Live) 「Alas Dies Laughing」「Wax And Wane」(Live) 「Hazel」(Live)


 
 しかしながら、2016年にイギリスの新聞「ガーディアン」が発表した「コクトー・トゥインズのベスト10曲」で堂々の1位となったのは、このアルバム2曲目の「Wax And Wane」である。確かに、この曲はコクトー・トゥインズのミステリアスなイメージを印象づける曲ではあり、発掘映像が残っているところをみると、当時のステージでもよく演奏されていたようだ。しかし、当時のステージ映像と相まって初めて、バンドのイメージがつかめるような気もする。SMSレコードからリリースされていた日本盤には歌詞がつけられていたが、メンバーによると間違いだらけで「噴飯モノ」レベルだったらしい。ネイティヴにも聴き取れない不思議な歌詞も、摩訶不思議なイメージを強めていた。

https://www.theguardian.com/music/musicblog/2016/feb/24/cocteau-twins-10-of-the-best


 このCDが最初に87年に日本コロムビアからリリースされたとき(30CY-1651)は、6曲のボーナストラックが収録され、 90年にリイシューされたとき(COCY-6120)も同様だった。英国盤CDをはじめ独盤や仏盤もこのフォーマットでリリースされたものの、米キャピトル盤はオリジナルのままでボーナストラックは収録されなかった。2005年にテイチク傘下のインペリアルから日本盤がリイシューされたときもボーナス・トラックは収録されていない。

日本コロムビア 30CY-1651
 09. Dear Heart
 10. Hazel
 11. Hearsay Please
 12. Blind Dumb Deaf
 Extra Tracks
 13. Speak No Evil
 14. Perhaps Some Other Aeon


 このアルバムのリリースから3か月後の同年9月にEP「LULLABIES」、翌年3月には同じく「PEPPERMINT PIG」がリリースされた。この2枚まではベーシストのウィル・ヘッジーが参加しており、バックの演奏はノイジーで『ガーランズ』と方向性は似ている。私の中で「初期のコクトー」といえば、LP1枚プラスEP2枚の計3枚までで、後の時代とは一線を画すと考えている。しかしエリザベスのヴォーカルは徐々に変化してきており、後の作品につながる雰囲気が感じられるようになった。「LULLABIES」のプロデューサーはアイヴォ、エンジニアはJohn Madden、「PEPPERMINT PIG」のプロデューサーはアラン・ランキン(元アソシエイツ)、エンジニアはジョン・フライヤーとクレジットされている。どちらもA面・B面という表記はないものの、裏ジャケにクレジットされている曲順は以下の通り。

DSCF2953.JPG

「LULLABIES」
  1.羽毛ーオールー水かき / FEATHERS-OAR-BLADES
  2.アラス・デイエス・ラーフィン / ALAS DIES LAUGHING
  3.イッツ・オール・バット・アン・アーク・ラーク
     / IT'S ALL BUT AN ARK LARK
「PEPPERMINT PIG」
  1.ペパーミント・ピッグ / PEPPERMINT PIG
  2.ラーフ・ラインズ / LAUGH LINES
  3.ヘイゼル / HAZEL

nice!(0)  コメント(0) 

NURSERY CRIME / GENESIS [ジェネシス]

DSCF2948.JPG


 ジェネシス3枚目のアルバム(1971年)。前作『侵入(トレスパス)』(70)年から、アンソニー・フィリップス(ギター)とピーター・メイヒュー(ドラムス)が抜け、新たにスティーヴ・ハケット(ギター)とフィル・コリンズ(ドラム)が加入し、ピーター・ガブリエル以下、ジェネシス黄金期のメンバーがそろった。


『怪奇骨董音楽箱』
 01. ザ・ミュージカル・ボックス
 02. フォー・アブセント・フレンズ
 03. ザ・リターン・オブ・ザ・ジャイアント・ホグウィード
 04. セヴン・ストーンズ 4. セヴン・ストーンズ
 05. ハロルド・ザ・バレル
 06. ハーレクイン
 07. ザ・ファウンテン・オブ・サルマシス


 原題の『Nursery Cryme』は、 Nursery Rhymes=童謡(いわゆるマザー・グースを指すこともある)をもじったもので、綴りからは「cry=叫ぶ」、また発音からは「crime=犯罪」を連想させるタイトルだ。nurseryは本来「子供部屋」の意味なので、ジャケットの絵そのままのホラー的要素も感じられる。『怪奇骨董音楽箱』とは、なかなか言い得て妙の邦題ではなかろうか。

 前2作と比べると、当然ながら演奏力は格段に向上した。オープニングの長尺「ザ・ミュージカル・ボックス」後半におけるギターとドラム、キーボードのせめぎ合いはそのことをよく示している(ドラムのピーター・メイヒューは、技術的な問題から解雇されたとのこと)。立川直樹さんは「ハケットのギター・ソロの魅力は、内向的な人間がなかば捨て鉢となったときにみせるような屈折した攻撃性」と評し、3曲目の「ザ・リターン・オブ・ザ・ジャイアント・ホグウィード」をあげているが、1曲目にもそうした雰囲気が感じられる。他のプレイヤーにひきずられて徐々にアグレッシヴになっていく感じ。「ザ・ミュージカル・ボックス」は、「ファンタジックでドラマティック」というジェネシスの持ち味が確立された曲。フルートとギターによる幻想的な前半から、徐々に狂気じみた世界に没入していくような起伏に富んだ構成。楽しそうだと思って入り込んだ場所は、実は怖かった....という感覚とでも言おうか。
 ジャケットの内側には、歌詞と物語が載っている。CDになって字が小さくなり、老眼の身には拡大鏡を使わないと読めないが、不気味なジャケットは「ザ・ミュージカル・ボックス」に付随する物語を視覚化したものである。シンフォニックなまとめ方だけでなく、「ハロルド・ザ・バレル」の脚本のような歌詞に見られるシアトリカルな部分もこの作品によって確立されたと言える。
 その他、牧歌的な小品「ハーレクイン」(コーラスはフィル・コリンズ??)、メロトロン炸裂の「ザ・ファウンテン・オブ・サルマシス」も印象深い。


Nursery Cryme

Nursery Cryme

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Atlantic / Wea
  • 発売日: 1990/01/01
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 

DOG MAN STAR / SUEDE [スウェード]

DSCF2946.JPG

 01. Introducing The Band
 02. We Are The Pigs
 03. Heroine
 04. The Wild Ones
 05. Daddy's Speeding
 06. The Power
 07. New Generation
 08. This Hollywood Life
 09. The 2 Of Us
 10. Black Or Blue
 11. The Asphalt World
 12. Still Life
 13. Modern Boys

 衝撃の1stと大ヒットの3rdにはさまれ、今ひとつ地味な印象の2nd(94年)だが、陰影・憂鬱・退廃・耽美・妖艶というスウェードを語るときのキーワードがすべて詰まっている傑作。この作品を最高傑作にあげるスウェードのファンも少なくない。
 宗教歌のように重々しく呪文のようなヴォーカルが印象的なオープニングに続く2曲目は、官能的なギターとヴォーカルの絡みが印象的。エコーの効いた4曲目のヴォーカルを聴いていると、暗闇の中を光に向かって墜ちていくような感覚になる。タイプは違うけど、コクトー・トウィンズに通じる耽美感。6と7はともにメロディアスな耳に残る作品だが、ややアコ-スティックで叙情的な6に対して7は正統派ロック。9はピアノだけをバックに朗々と歌い上げるドラマティックな曲。彼方へ運んで行かれそうな感覚。壮大なオーケストラが魂ゆさぶる12、それに続くシークレット・トラック13は力の抜けたネオアコ的雰囲気も感じられるポップでメロディアスな佳曲。スウェードのよさが十分に発揮された、捨て曲なしの大傑作アルバム。

 2011年には2CD+1DVDのデラックス・エディションがリリースされたが、これがまた素晴らしい。
【DISC1】
  01. Introducing The Band
  02. We Are The Pigs
  03. Heroine
 04. The Wild Ones
 05. Daddy's Speeding
 06. The Power
 07. New Generation
 08. This Hollywood Life
 09. The 2 Of Us
 10. Black Or Blue
 11. The Asphalt World
 12. Still Life
 13. Squidgy Bun (Introducing The Band)
 14. Ken (The Wild Ones)
 15. Man's Song, A (Heroine)
 16. Banana Youth (The Power)
 17. The 2 Of Us

【DISC2】
  01. My Dark Star
  02. Living Dead, The
  03. Stay Together
  04. Killing Of A Flash Boy
  05. Whipsnade
  06. This World Needs A Father
  07. Modern Boys
  08. Eno's Introducing The Band
  09. La Puissance
  10. Living Dead, The
  11. We Believe In Showbiz
  12. Still Life
  13. The Wild Ones
  14. Asphalt World, The

【DVD】
  01. Stay Together
  02. Heroine
  03. We Are The Pigs
  04. 2 Of Us, The
  05. Killing Of A Flash Boy
  06. Pantomine Horse
  07. Asphalt World, The
  08. This Hollywood Life
  09. The Wild Ones
  10. Still Life
  11. The Drowners
  12. This Hollywood Life
  13. We Are The Pigs
  14. Metal Mickey
 15. My Insatiable One
 16. Animal Nitrate
 17. New Generation
 18. So Young
 19. Sleeping Pills
 20. Stay Together
 21. Dolly
 22. High Rising
 23. Animal Nitrate
 24. Still Life
 25. Brett Anderson And Bernard Butler 2011 Interview

 すべてリマスターされており、エコーの響きに深みが増した感じ。
 ディスク1の13~17はデモ・ヴァージョン。

 2015には、リリース20周年記念としてこのアルバムを忠実に再現したライヴ・アルバムがリリースされた。収録は2014年3月30日ロイヤル・アルバート・ホール。ブレッドの声は少し枯れた感じだが、声自体はよく出ており。これもまた味がある。限定2万セットのアナログLP4枚+CD2枚のボックスもあり。





nice!(0)  コメント(0) 

PACIFIC STREET / THE PALE FOUNTAINS [ペイル・ファウンテンズ]

DSCF2940.JPG


 英語版のWikipediaでThe Pale Fountainsの項目を調べると、「The group remains particularly popular in France and Japan. 」とある。なるほど、叙情的+繊細+メロディアス と三拍子そろったこのアルバムは、日本人好みなのかもしれない。では逆に言うと、イギリスではあまり知られていないのか?と思い数人のイギリス人に尋ねてみたところ、ザ・スミスはいまだ人気があるが、ペイル・ファウンテンズは知らない、と。うーん、そうだったのか。
 ペイル・ファウンテンズは1980年にリヴァプールで結成され、82年にクレプスキュール傘下のレーベル、オペレイション・トワイライトからシングル「(There's Always) Something On My Mind 」デビューした。その後メジャーのヴァージンに移籍し、「Thank You」(82年)、「Palm Of My Hand」(83年)の2枚のシングルをリリースし、84年に発表したのがこの1stアルバム。日本では、ギターポップ/ネオアコ(ネオ・アコ-スティック)を代表する名盤の1枚という評価が定まっているが、60年代風のメロディアスな曲調や、トランペットやフルート、女声コーラスなどをフィーチャーした流麗なアレンジなど幅広い音楽性が楽しめる名作である。
 1曲目の「Reach」はキラー・チューンで、この1曲だけで僕は彼らのファンになった。「青春はいちどだけ」という邦題は、50歳を越えた今、なかなか気恥ずかしい気持ちがなきにしもあらずだが、この曲を聴くと本当に若かった頃を思い出す。流麗なメロディーとセンチメンタルなトランペットが印象的で、海辺の学校に勤務していた頃、出張の時はこのアルバムのカセットがお供だった。マイケル・ヘッドの瑞々しいヴォーカルを聴きながら海辺の国道を運転するのが、けっこう楽しみでもあった。オープニングのこの曲から4曲目までは本当にいい曲が並んでおり、いまだに時々聴きたくなるアルバムである。



 本国でのCD化に際し、「Palm Of My Hand」「Love's A Beautiful Place」「Meadow Of Love」「Thank You」の4曲がボーナス・トラックとして収録されたが、その後99年にこのアルバムが日本初CD化されたときには、10曲のボーナストラックが収録された。輸入盤CDのボーナストラックは、アルバムリリース前にヴァージンから発表していた2枚のシングル「Thank You」「Palm Of My Hand」のそれぞれA面B面の計4曲だが、残念ながらこのうち「Love's A Beautiful Place」(「Palm Of My Hand」のB面)が日本盤CDには収録されていない。「Palm Of My Hand」「Love's A Beautiful Place」の2曲は、元アソシエイツのメンバーで、コクトー・トゥインズのシングルをプロデュースしたアラン・ランキンと、ヘヴン17やアソシエイツを手がけたグレッグ・ウォルシュがプロデューサーとしてクレジットされている。輸入盤CDに収録されていた7曲目「(Don't Let Your Love) Start A War(スタート・ア・ウォー)」は 、なぜか7インチ・ヴァージョン(日本盤CD17曲目)で収録されていたが、日本盤CDはオリジナルアナログと同じヴァージョン。日本盤の12曲目「Thank You」と18曲目「Just A Girl」のプロデューサーは、EBTGを手がけたロビン・ミラーで、「Just A Girl」はデビューシングル「(There's Always) Something On My Mind」のB面曲だが、ボーナス・トラックはオリジナルとは異なる再録ヴァージョンである(オリジナルはセルフ・プロデュース)。

 収録されている曲の数々とまったくイメージが合致しない印象的なジャケット写真は、イタリア人写真家マリオ・デ・ビアージ(Mario De Biasi 1923ー2013)よる作品。1956年に起こったハンガリー動乱の際に、首都ブタペストで撮影されたものである。写真週刊誌『Epoca』専属のフォトグラファーとしてハンガリーに赴いた彼は、この写真を含むハンガリー動乱の報道写真で有名となった。服装と装備から見て、写真の若い兵士はハンガリー国軍の兵士で、軍事介入してくるソ連軍を市民とともに迎え撃つ準備をしていたのだろう。この後、彼は生き延びたのだろうか。
 http://www.jcii-cameramuseum.jp/photosalon/photo-exhibition/2011/20110927.html
 http://www.artsblog.it/galleria/palazzo-magnani-reggio-emilia-budapest-1956





nice!(0)  コメント(0)