So-net無料ブログ作成
検索選択

スティーヴ・ウィンウッド在籍時のスペンサー・デイヴィス・グループ [スティーヴ・ウィンウッド]

 スティーヴ・ウィンウッドがスペンサー・デイヴィス・グループに在籍していたのは1964~66年の3年間。私が生まれたのが1966年なので、少々感慨深いものがあるが、彼は1948年生まれなので、SDG在籍時は16~18歳の頃である。今で言えば高校生だという事実には驚くほかないが、その間にリリースされたのアルバムは3枚、シングルは9枚である。1990年代に入手できたSDGのCDはベスト盤くらいしかなく、その全貌を捉えることはなかなか難しかった。しかし今ではフォンタナ時代の3枚すべてCD化されており、シングル曲もすべてボーナストラックとして収録されているので、若きスティーヴィーの魅力を十分に堪能できる。

IMG_1358.JPG


『ゼア・ファーストLP』
 01. マイ・ベイブ
 02. えくぼ(ディンプルズ)
 03. サーチン
 04. エヴリ・リトル・ビット・ハーツ
 05. アイム・ブルー(ゴング・ゴング・ソング)
 06. シッティン・アンド・シンキン
 07. アイ・キャント・スタンド・イット
 08. ヒア・ライト・ナウ
 09. ジャンプ・バック
 10. イッツ・ゴナ・ワーク・アウト・ファイン
 11. ミッドナイト・トレイン
 12. イット・ハーツ・ミー・ソー
[ボーナス・トラック]
 13. シー・プット・ザ・ハート・オン・ミー
 14. アイム・ゲティング・ベター
 15. アイル・ドラウン・イン・マイ・オウン・ティアーズ
 16. グッドバイ・スティーヴィー
 17. マイ・ベイブ (USヴァージョン)
 18. サーチン (USヴァージョン)
 19. エヴリ・リトル・ビット・ハーツ (USヴァージョン)
 20. ミッドナイト・トレイン (USヴァージョン)
 21. インセンス

 65年7月にリリースされた1stアルバム。1stシングル「えくぼ」をはじめ、64年にリリースされた3枚のシングルを中心にした編集。「えくぼ」のB面「シッティン・アンド・シンキン」(6曲目)、2ndシングル「アイ・キャント・スタンド・イット」(7曲目)とそのB面「ミッドナイト・トレイン」(11曲目)、そして3rdシングル「エヴリ・リトル・ビット・ハーツ」とそのB面「イット・ハーツ・ミー・ソー」(12曲目)。いずれもカヴァーだが、「エヴリ・リトル・ビット・ハーツ」の情感あふれるバラードが最も素晴らしい。USヴァージョンにはストリングスがはいってるが、これはやや過剰な気がする。この「エヴリ・リトル・ビット・ハーツ」はスモール・フェイセスもカヴァーしているのだが、私が持っているスモール・フェイセスのCDはほとんどが初期盤のため、この曲のスタジオ・ヴァージョンを聴くことができない。『オータム・ストーン』に収録されているライヴ・ヴァージョンしか聴いたことがないが、切々と歌い上げる故スティーヴ・マリオットのヴォーカルには胸を打たれる。ブリティッシュ・ロックを代表するヴォーカリスト、両スティーヴのヴォーカルを聞き比べるのも一興。
 カヴァー中心のアルバムだが、「ヒア・ライト・ナウ」「イット・ハーツ・ミー・ソー」はスティーヴ単独のオリジナル(「シッティン・アンド・シンキン」はメンバーの共作)。面白いのは5曲目の「アイム・ブルー」で、いささかエキセントリックなヴォーカルは、「マイ・ボーイ・ロリポップ」(小泉今日子もカバーしていた)をヒットさせたジャマイカ出身のミリー・スモール。ミリーもSDGも、ともにクリス・ブラックウェル(アイランド・レコードの創立者)がマネージメントを担当していた関係。ボーナストラック9曲のうち、13/14/15/16の4曲は、65年にリリースされた4曲入りEP「You Put The Hurt On Me」(Fontana 465 282 TE)に収録されていたテイク。USヴァージョンの4曲は、67年にアメリカのUAがリリースした編集盤『I'm A Man』に収録されてていたヴァージョン。ラストの「インセンス」はSDGの曲ではなく、65年にリリースされたジ・アングロスTHE ANGLOSというユニットの曲である。SDGの変名ユニットだとか、プロデューサーのジミー・ミラーがアメリカでレコーディングしてきたバック・トラックにスティーヴ・ウィンウッドがヴォーカルをイギリスでオーヴァー・ダビングしたものだとか様々な伝説があるが、その真偽は現在の所確認されていない(スティーヴは、スティーヴ・アングロという変名でセッションに参加していることもある)。したがって、この曲のヴォーカルがスティーヴだという確証はない。スティーヴィーのヴォーカルだと言われればそう聞こえるが、違うと言われれば違うように聞こえる。


『セカンド・アルバム』
 01. ルック・アウェイ
 02. キープ・オン・ラニング
 03. ジス・ハマー
 04. 我が心のジョージア(ジョージア・オン・マイ・マインド)
 05. プリーズ・ドゥ・サムシング
 06. レット・ミー・ダウン・イージー
 07. ストロング・ラヴ
 08. アイ・ウォッシュト・マイ・ハンズ・イン・マディ・ウォーター
 09. シンス・アイ・メット・ユー・ベイビー
 10. ユー・マスト・ビリーヴ・ミー
 11. ヘイ・ダーリン
 12. ウォッチ・ユア・ステップ
[ボーナス・トラック]
 13. スティーヴィーズ・ブルース
 14. トランポリン
 15. バック・イン・マイ・ライフ・アゲイン
 16. カンザス・シティ
 17. オー・プリティ・ウーマン
 18. デト・ヴァー・イン・シェーネベルク
 19. スティーヴィーズ・グルーヴ
 20. スティーヴィーズ・ブルース(USヴァージョン)

 「ストロング・ラヴ」「キープ・オン・ラニング」の2枚のシングルをメインとした、1966年1月リリースの2ndアルバム。「ストロング・ラヴ」のB面「ハイ・タイム・ベイビー」は、次の3rdアルバムに収められている。聞き物は、もちろん全英No.1となった「キープ・オン・ラニング」だが、「我が心のジョージア」も素晴らしい。また「バック・イン・マイ・ライフ・アゲイン」もいい曲だが、これは「キープ・オン・ラニング」の作者ジャッキー・エドワーズとジミー・ミラーの共作。ジャッキーはジャマイカ出身だが、SDGの演奏にはあまりレゲエ感がなく、スマートなドライヴ感が魅力的だ。「スティーヴィーズ・ブルース」(次のアルバム『オータム'66』に収められているシングル曲「サムボディ・ヘルプ・ミー」のB面)は、ツェッペリンもカヴァーした「ユー・シュック・ミー」っぽい60年代英国ブルースの香り漂うブルージーな好ナンバー。


『オータム '66』
 01. 愛の終わる日まで(トゥゲザー・ティル・ジ・エンド・オブ・タイム)
 02. テイク・ジス・ハート・オフ・ミー
 03. ノーボディ・ノウズ・ユー・ホエン・ユア・ダウン・アンド・アウト
 04. ミッドナイト・スペシャル
 05. 男が女を愛する時(ホエン・ア・マン・ラヴズ・ア・ウーマン)
 06. ホエン・アイ・カム・ホーム
 07. ミーン・ウーマン・ブルース
 08. ダスト・マイ・ブルース
 09. オン・ザ・グリーン・ライト
 10. ネイバー・ネイバー
 11. ハイ・タイム・ベイビー
 12. サムボディ・ヘルプ・ミー
[ボーナス・トラック]
 13. 愛しておくれ(ギミ・サム・ラヴィン)
 14. Fのブルース(ブルース・イン・エフ)
 15. アイム・ア・マン
 16. 満ちたりない気持ち(アイ・キャント・ゲット・イナフ・オブ・イット)
 17. ワルツ・フォー・ルムンバ(ワルツ・フォー・カロライン)
 18. サムボディ・ヘルプ・ミー (USヴァージョン)
 19. 愛しておくれ(ギミ・サム・ラヴィン) (USヴァージョン)
 20. アイム・ア・マン (ステレオ・ヴァージョン)

 タイトル通り、1966年の秋にリリースされた3枚目、スティーヴ・ウィンウッド在籍ラストのアルバム。「サムボディ・ヘルプ・ミー」(B面「スティーヴィーズ・ブルース」)と「ホエン・アイ・カム・ホーム」(B面「トランポリン」)の2枚のシングルが収められているが、B面曲は2曲とも『セカンド・アルバム』のボーナス・トラックという変則的な編集になっている。これは「愛しておくれ(ギミ・サム・ラヴィン)」(B面「Fのブルース」)と「アイム・ア・マン」(B面「満ちたりない気持ち」)という2枚のシングルを収録したため、収録曲数を合わせるためだろう。「愛しておくれ(ギミ・サム・ラヴィン)」、「アイム・ア・マン」という2大名曲プラス「男が女を愛する時」の名唱が聴けるということで、3枚の中では最も聴き応えがある。「男が女を愛する時」を聴いていると、自分が高校の教師をしているせいか、「これがホントに高校生の歌唱力か?」と思ってしまう。




ゼア・ファースト・LP+9(紙ジャケット仕様)

ゼア・ファースト・LP+9(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2016/10/26
  • メディア: CD



セカンド・アルバム+8(紙ジャケット仕様)

セカンド・アルバム+8(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2006/11/22
  • メディア: CD



オータム’66+8(紙ジャケット仕様)

オータム’66+8(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2016/10/26
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)