So-net無料ブログ作成
検索選択

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション) [ビートルズ]

DSCF2987.JPG


『50周年記念盤』で私が最も楽しみにしていたのはディスク2、なかでも「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」と「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」である。

「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」
 【50周年記念盤】
   ・テイク1
   ・テイク4
   ・テイク7
   ・テイク26
   ・ステレオ・ミックス2015
『アンソロジー2』のテイクと比較すると、「テイク1」はほぼ同じだが、「テイク7」は違っている。「アンソロジー2版テイク7」は、「オリジナルテイク7」になぜか「テイク26」のエンディングをくっつけるという意味不明の編集がされていたが、今回「オリジナルテイク7」がオフィシャルでリリースされた。驚いたのは「テイク26」の最初の部分。これは『アンサーパスト・マスターズ Vol.3』などに収録されている音源だが、スタートから17秒くらいのところで「It doesn't matter much to me.」というジョンのヴォーカルがはいっている。11秒くらいの箇所でも若干聞こえるが、これまで私が耳にした既発の音源では聴き取れなかったので、これを耳にしたときは思わず声を出してしまった。

「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」
・テイク1
・テイク2
・オーケストラ・オーヴァーダブ
 ・ハムド・ラスト・コード   テイク8、9、10&11
 ・ラスト・コード
 完成途上のマテリアルとしては興味深いが、それ以上ではなく、「何度でも聴きたくなる」ものではない。やはり完成版が最高。なお『レコード・コレクターズ』2017年6月号によれば、『2CD版』では「テイク1」にも「ハムド・ラスト・コード」がはいっているそうだ。『スーパー・デラックス・エディション』収録の「テイク1」にははいっていない。『2CD版』でも「ハムド・ラスト・コード」を聴けるようにという配慮の編集なのだろう。「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」のテイクがどれを聴いても「すげ~」と思うのは、完成版が2つあってリリースされたのは2つをくっつけたからだと思う。完成版の凄さを改めて実感。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。