So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

LOVE NOT MONEY / EVERYTHING BUT THE GIRL [エヴリシング・バット・ザ・ガール]

DSCF3279.jpg


LOVE NOT MONEY
 01. When All's Well
 02. Ugly Little Dreams
 03. Shoot Me Down
 04. Are You Trying to Be Funny?
 05. Sean
 06. Ballad of the Times
 07. Anytown
 08. This Love (Not For Sale)
 09. Trouble and Strife
 10. Angel
 11. Kid(Bonus Track)
 12. Heaven Help Me(Bonus TRack)

 先頃リマスター盤がリイシューされ、『レココレ』誌でも特集が組まれたEBTGの2枚目(85年)。この作品がリリースされた頃は、ポスト・パンクが「ネオアコ」「ネオサイケ」など新しい展開を見せ始めた頃で、私もFM雑誌を片手に「FMナイトストリート」や「クロスーバーイレブン」を聴いていたものである。その頃私はスタイル・カウンシルの大ファンで、ベン・ワットが彼らのアルバムに参加していたことからEBTGに興味を持ち聴き始めた。
 ベン・ワットは、イアン・ブロウディと同じくらい音楽的引き出しが多い人で、前作はジャズ的な雰囲気が強く、このアルバムでも「This Love (Not For Sale)」などジャズ的雰囲気が強い曲があるが、アルバム全体としてはフォーク・ロック寄り。1曲目「When All's Well」は、ペイル・ファウンテンズの1枚目をゴージャスにしたようなキラめきの名曲で、オープニングからキラー・チューン。ベン・ワットがヴォーカルの「Sean」は、雰囲気はシンプルなのに、プロデュースやアレンジはとても手が込んでいる。この曲をはじめ、洗練さの度合いは前作に比べてずいぶんと上がっており、「オルタナティヴ度」は下がったように感じる。2枚目のシングルとなった「Angel」を持ってきたことは、このアルバムの全体的な雰囲気をダークなものにしているが、ボーナス・トラックとして「愛しのキッズ(Kid)」(プリテンダーズのカヴァー)を収録したことで、アルバム全体の雰囲気が少し変わったように感じる。2012年にはBBC音源などを含む2枚組のデラックス・エディションがリリースされた。





LOVE NOT MONEY(+2)(紙ジャケ仕様/SHM-CD)

LOVE NOT MONEY(+2)(紙ジャケ仕様/SHM-CD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Cherry Red
  • 発売日: 2017/12/20
  • メディア: CD



Love Not Money: Deluxe Edition

Love Not Money: Deluxe Edition

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Edsel Records UK
  • 発売日: 2012/05/29
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

SYSTEMS OF ROMANCE / ULTRAVOX [ウルトラヴォックス]

DSCF3260.jpg


システムズ・オブ・ロマンス / ウルトラヴォックス
 01. Slow Motion
 02. I Can't Stay Long
 03. Someone Elses Clothes
 04. Blue Light
 05. Some Of Them
 06. Quiet Men
 07. Dislocation
 08. Maximum Acceleration
 09. When You Walk Through Me
 10. Just For A Moment



 ウルトラヴォックスの3rdアルバム(78年)。アイランドからリリースした最後のアルバムで、フロント・マンだったジョン・フォックスが在籍した最後のアルバムでもある。
 ゲイリー・ニューマンがジョン・フォックス~初期ウルトラヴォックス!からの影響を公言していたこともあり、最初に『HA!HA!HA!』(77年)を聴いてみたのが、パンkッシュな攻撃性が自分には今ひとつピンと来なかった。どこがテクノ~エレポップなの?と。しかしこの3枚目は、流れるようなシンセ、エッジの効いたギター、そしてメロディアスな曲調など、ポスト・パンクからテクノ~エレ・ポップに向かう方向性を明確に示した作品だ。前作『HA!HA!HA!』はノイジーなギターがアルバム全体のイメージを攻撃的なものにしていたが、本作ではキーボードとドラム・マシーンが前面に出ており、テクノ系ニューウェーヴの原型を見ることができる。『HA!HA!HA!』から本作への流れをたどってみると、そのまま70年代パンクから80年代ニューウェイヴへの移行となる。プロデュースはドイツのコニー・プランク。そのつながりか、ラストの「Just For A Moment」には、ボウイの「ワルシャワ」に通じるようなヨーロッパ的耽美感が漂っている。アソシエイツの『サルク』と並ぶUKニューウェイヴの傑作だと思う。

Slow Motion
Can't Stay Long
Maximum Acceleration
Dislocation



岡崎京子さんの名作『ヘルター・スケルター』の主人公りりこを、彼女を追う検事は親しみを込めて「タイガー・リリィ」と呼ぶ。tiger lilyとは植物のオニユリ(鬼百合)のことで、ピーターパンに登場するキャラクターの名前でもある。だけど僕にはジョン・フォックスがつくっていたウルトラヴォックス!の前身バンドの名前。僕は、岡崎さんがジョン・フォックスのファンだったのではないかと思っている。あの事故からもう20年以上がたってしまった。



システムズ・オブ・ロマンス

システムズ・オブ・ロマンス

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/03/18
  • メディア: CD



システムズ・オブ・ロマンス(紙ジャケット仕様)

システムズ・オブ・ロマンス(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2006/07/26
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

SPLEEN AND IDEAL / DEAD CAN DANCE [デッド・カン・ダンス]

DSCF3243.jpg


憂鬱と理想 / デッド・カン・ダンス
  01. 深き淵より我呼びかけたり
    De Profundis (Out of the Depth of Sorrow)
  02. 高翔 / Ascesion
  03. 驕慢の罰 / Circumradiant Dawn
  04. 枢要の罰 /  The Cardinal Sin
  05. 催眠 / Mesmerism
  06. 絶対の謎 / Enigma of the Absolute
  07. 出現 / Advent
  08. 化身 / Avatar
  09. 生ける者への提言 / Indoctrination(A Design for Living)
 
 ブレンダンとリサの二人となった2ndアルバム(86年)。共同プロデューサー としてジョン・リヴァース(アイレス・イン・ギャザ、フェルトなどのチェリー・レッドの アーティストやラヴ・アンド・ロケッツなどを手がけた)がクレジットされている。

 DCDはアルバムごとに大きく印象が異なるバンドであるが(なので私が最もよく聴くのはベスト盤『時間軸の旅』)、この2枚目と5作目『エイオン』が好きだ。ロック的な躍動感は後退する一方で、ヨーロッパ中世、ゴシック、呪術的、エスニック....といったDCDの音楽から連想される要素のすべてが出そろい、オリジナリティと完成度が一気に高まった作品。ブレンダン(彼の風貌はルイ14世の宰相マザランを思い出させる)のヴォーカルも深みがあってよい感じである。中でも「絶対の謎 / Enigma of the Absolute」は、暗い大聖堂の闇の中をステンドグラスから差す一筋の光を頼りに(ジェダイの騎士のようなフード付きコートを着て)逍遥するかのようで、私の中ではDCDの曲の中で五本の指にはいる作品。



 廃墟を用いたジャケットも印象的で、作品のイメージとよくマッチしている。今にも崩れ落ちそうな建物。たどり着くのは難しそうだ。背を向けた女性が掲げる☆は所々欠けている。アート・ ディレクションはブレンダンがクレジットされており、23エンヴェロープではない。

 クレジットされているゲスト・プレイヤー のうちマーティン・マクガーリック(チェロ)はマーク・アーモンドのバック・バンド、ウィリング・ シナーズの元メンバーで、後にスージー&ザ・バンシーズにも参加していたが、ディス・モータル・コイルにも参加していた人物でもある。

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

BELLS, BOOTS & SHAMBLES / SPIROGYRA [英国フォーク三種の神器]

DSCF3238.jpg

 ベルズ、ブーツ&シャンブルズ / スパイロジャイラ
 01. The Furthest Point
 02. Old Boot Wine
 03. Parallel Lines Never Seperate
 04. Spiggly
 05. An Everyday Consumption Song
 06. The Sergeant Says
 07. In The Western World

 チューダー・ロッジ、メロウ・キャンドルとともに「英国フォーク三種の神器」と並び称されるスパイロジャイラ。最高傑作とされるのが、この3枚目(ラスト・アルバム)である。ファースト・アルバムのリリース時は4人組であったが、このアルバムは男女二人組のデュオになっており、フェアポート・コンヴェンションのドラマーであるデイヴ・マタックスや管弦楽のサポート・メンバー計7人がクレジットされている。
 このアルバムがリリースされたときのメンバーは、女性ヴォーカリストのバーバラ・ガスキンと、ギター&男性ヴォーカルのマーティン・コッカーハムの2人。この2人は結成当初からのメンバーだ。繊細なガスキンのヴォーカルと、ドラマティックな演奏、そしてしっかりしたリズムがよく噛み合った名作である。カーヴド・エアやルネッサンスなどの女性ヴォーカル入りプログレ系のファンにもアピールしそうなサウンドだ。バーバラ・ガスキンのヴォーカルは、やや線の細さが気になるところだが、その部分を「儚げ」な感じとしてフルートなどの演奏や古楽っぽい雰囲気とよくマッチさせた音作り。こうしたサウンドをつくりあげているのは、妹のシャーリーとの姉妹デュオで有名なドリー・コリンズ。彼女はチェロ・フルート・トランペットのアレンジ担当としてクレジットされている。ラストの大作「In The Western World」のエンディングにおけるシンフォニックといってもいい壮大な演奏と、バーバラ・ガスキンのコーラスによるアンサンブルは感動的。


ベルズ、ブーツ、アンド・シャンブルズ

ベルズ、ブーツ、アンド・シャンブルズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Webkoo
  • 発売日: 2005/08/30
  • メディア: CD



BELLS, BOOTS AND SHAMBLES: EXPANDED EDITION

BELLS, BOOTS AND SHAMBLES: EXPANDED EDITION

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ESOTERIC
  • 発売日: 2013/09/30
  • メディア: CD



BELLS,BOOTS AND SHAMBLES

BELLS,BOOTS AND SHAMBLES

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: OCTAVE / CHERRY RED
  • 発売日: 2013/11/30
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

BERT AND JOHN / BERT JANSCH & JOHN RENBOURN [ペンタングル]

DSCF3201.JPG


BERT AND JOHN / BERT JANSCH & JOHN RENBOURN
  01.East Wind
  02.Piano Tune
  03.Goodbye Pork Pie Hat
  04.Soho
  05.Tic-Tocative
  06.Orlando
  07.Red's Favorite
  08.No Exit
  09.Along The Way
  10.The Time Has Come
  11.Stepping Stones
  12.After The Dance


 ペンタングルのギタリスト二人によるデュオ・アルバム(66年)。バート&ジョン名義としては唯一の作品。ともにフォーク系ながら、ブルース寄りのバートとトラッド寄りのジョン。暗く陰鬱な、いかにも英国的なメロディーラインと雰囲気の中で聴かせる、二人の「息の合ったせめぎ合い」が心地よい。このユニットがペンタングルへと発展していくのは確かだが、リズム・セクションを一切排したギター演奏だけのインストがほとんどであるため、ペンタングルとの音楽的共通性はあまり感じられない。ヴォーカル入りの2曲を除いて、ほとんどがオリジナル曲で、「ギターだけの演奏で勝負する収録時間の短い作品」ということもあり地味な印象を受けるが、ブリティッシュ・フォークの名盤。

ヴォーカルが入っているのはバート作の「Soho」とアン・ブリッグスの「The Time Has Come」(オリジナルは『森の妖精』に収録)の2曲。のちにペンタングルでも取り上げる、チャールズ・ミンガスの「グッバイ・ポーク・パイ・ハット」を取り上げているのも興味深い。ペンタングル版はアルバム『スウィート・チャイルド』(68年)で聴くことができるが、この曲はジェフ・ベック(『ワイアード』)やジョニ・ミッチェル(『ミンガス』)も取り上げている。

 『レコード・コレクターズ』2004年9月号(ブリティッシュ・フォーク/トラッド特集)の表紙にも使われたこのジャケット写真、レココレ誌の表紙解説にもあるように、二人は確かに囲碁を打っている。なにゆえ囲碁なのだろう?



Bert & John

Bert & John

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Imports
  • 発売日: 2017/03/16
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

HATS / BLUE NILE [ブルー・ナイル]

DSCF3185.JPG

HATS / BLUE NILE
DISC1
 01. Over The Hillside
 02. The Downtown Lights
 03. Let's Go Out Tonight
 04. Headlights On The Parade
 05. From A Late Night Train
 06. Seven A.M.
 07. Saturday Night
DISC2
 01. Seven A.M. (Live In The Studio)
 02. Christmas
 03. Let's Go Out Tonight (Vocal 2)
 04. Saturday Night (Vocal 2, Early Mix)
 05. Headlights On The Parade (Live In Tennessee)
 06. The Wires Are Down

 ブルー・ナイルの作品はどれも例外なく傑作だが、最高傑作とされるのがこの2枚目(89年)。派手さはない、洗練されていて緻密なエレクトロニクスが心地よい傑作。夜中に一人で聴いてもよし、早朝や深夜のドライブで聴いてもよし。

 「デヴィッド・シルヴィアンとトーク・トークを足して2で割ったようなサウンド」という森田敏文氏によるこのアルバムのレビューを『クロスビート』誌で読んだのが、ブルー・ナイルにハマったきっかけ....とばかり思いこんでいたが、先日このアルバムのレビューが掲載されている89年10月号を読み直したら全く違っていて、レビューを書いていたのは瀧見憲司氏。おまけに内容もまったく違っていた。あの文章を、どこで読んだのだろう。

 ボーナス・ディスク収録の6曲は、「The Wires Are Down」(「THE DOWNTOWN LIGHTS」のシングルのカップリング)をのぞいて、ほとんど初聴き。「Seven A.M. 」はスタジオ・ライヴであり、「SATURDAY NIGHT」(LKSCX5)のCDSに収録されているアメリカでのステージ・ライヴとは異なる。ディスク2は全体で40分程度なので、「Headlights On The Parade」のボブ・クリアマウウンテン・リミックスとか、リッキー・リー・ジョーンズとのデュエット「Easter Parade」、「Halfway To Paradaise」(「THE DOWNTOWN LIGHTS」のシングルのカップリングの一曲)、 「HEADLIGHTS ON THE PARADE」のCDSに収録されていた「「Bolivia」とかも収録して、アルバム未収録曲を1枚にまとめて欲しかった。
 「Easter Parade」は、リッキー・リー・ジョーンズのプロモCDS「DON'T LET THE SUN CATCH YOU CRYING」(タイトル曲のプロデュースはウォルター・ベッカー)に収録されており、同CDには「Recording live for "Halfway To Paradice" T.V. Scotland 1989」「Sal Bernardi Gutar」とのクレジットがある。ブルー・ナイルには「Halfway To Paradaise」という曲もあるので、この2曲がデラックス・エディションに収録されなかったのは、契約の関係だと思われる。ギターでクレジットされているサル・ベルナルディはリッキー・リー・ジョーンズの2ndアルバム『パイレーツ』(1981)、3rd『マガジン』(84)、4th『フライング・カウボーイ』(89)に参加しているミュージシャンで、彼女の恋人だったらしい。

DSCF3190.JPG


『HATS』関連のアイテム
  ・「THE DOWNTOWN LIGHTS」(LKSCD3) 3"CDS
    01. The Downtown Lights
    02. The Wires Are Down
    03. Halfway To Paradise
  ・「HEADLIGHTS ON THE PARADE」 (LKSCD4) 
    01. Headlights On The Parade (Bob Clearmountain Remix)
    03. Headlights On The Parade (Album Version)
    03. Easter Parade(Duet with Rickie Lee Jones)
  ・HEADLIGHTS ON THE PARADE (LKYCD4) with two 5" x 4" postcards
    in an outer box and thick paper slipcase.
  ・「SATURDAY NIGHT」 (LKSCD5) Picture CD
    01. Saturday Night (Edit)
    02. Our Lives
      Lost / Bolivia / New York
    03. Saturday Night
  ・「SATURDAY NIGHT 」(LKSCX5) in an outer box and thick paper slipcase.
  ・「THE DOWNTOWN LIGHT」 (CD 17982) promotion copy
    01. The Downtown Lights (Album Version)
    02. The Downtown Lights (Edit Version)
  ・「DON'T LET THE SUN CATCH YOU CRYING」Rickie Lee Jones
    c/w Easter Parade(Duet with Blue Nile)
    promotion copy(PRO-CD-3956)
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

1973年12月7日のEMERSON, LAKE & PALMER [エマーソン、レイク&パーマー]

 Eに続いてLも鬼籍に入り、残るはPだけとなってしまったELP(Pのうちパウエルは最も早くこの世を去っているが)。自分の若かりし頃の復元ポイントが次々となくなっていく。
 1973年は代表作『恐怖の頭脳改革』がリリースされた年。2月から6月まで欧州ツアーを行い、そのままレコーディング(6月~9月)、そして11月からは全米ツアーを敢行するという実に充実した年である。この「恐怖の頭脳改革ツアー」は、73年11月のフロリダ公演を皮切りに、年をまたいで翌74年4月の「カリフォルニア・ジャム」まで約60回の公演を行っているが、このツアー中74年2月10日のアナハイム公演(カリフォルニア)の模様を収めたのが、LP3枚組でリリースされたオフィシャルの『レディーズ&ジェントルメン』だ。

DSCF3182.JPG 

AQUAKARN#10
HIGHLAND HL350/351

【DISC1】
 01. HOEDOWN
 02. JERUSALEM
 03. TOCCATA
 04. TARKUS
  Eruption
  Stone of Years
  Iconoclast
  Mass
  Manticore
  Battlefield
  Epitaph
  Aquatarkus
 05. BENNY THE BOUNCER
 06. TAKE A PEBBLE (Fugue)
 07. STILL...YOU TURN ME ON
 08. LUCKY MAN (with Piano)
 09. PIANO IMPROVISATIONS (inc. Little Rock Getaway)
 10. TAKE A PEBBLE (Conclusion)
 
【DISC2】
 01. KARN EVIL 9
  1st Impression
  2nd Impression
  3rd Impression
 02. PICTURES AT AN EXHIBITION
  Promenade
  Outroduction


 この日はカナダのトロント公演。音質は並で、マスターに起因すると思われる音飛びやらヨレなどがあるが、演奏自体は素晴らしい。絶頂期へと昇りつつあるバンドの勢いを感じさせるステージだ。「ホウダウン」ではエマーソンのアドリブ・ソロが秀逸。絶好調である。「エルサレム」ではエンディングの♪In England's green and pleasant landでレイクが♪ラ~ンド↑と上げて歌うところがカッコいい(オフィシャルの『レディーズ&ジェントルメン』でもこのように歌っている)。さらに「ラッキー・マン」はピアノ伴奏付だし、これで高音質だったら言うことないのに....。怪獣「タルカス」の突進もかくやと思える演奏は、スリー・ピース・バンドのライヴとは思えない迫力。「エピタフ」~「アクアタルカス」も静と動の対比が素晴らしく、これをイイ音で聴きたかった!CD2は、欠落がさらに激しくなる。音質は悪いが、いい演奏なので我慢して聴いていると突然飛んでしまうので、精神衛生上よろしくない。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

1975年1月29日のLED ZEPPELIN [レッド・ツェッペリン]

DSCF3177.JPG


『A Quick Get Away』(TDOLZ Vol.068)
DISC 1
 01. Rock And Roll
 02. Sick Again
 03. Over The Hills And Far Away
 04. In My Time Of Dying
 05. The Song Remains The Same
 06. The Rain Song
 07. Kashmir
 08. No Quarter
DISC2
 01. Trampled Underfoot
 02. Moby Dick
 03. How Many More Times
 04. Stairway To Heaven
 05. Whole Lotta Love
 06. Black Dog
 07. Communication Breakdown

 『フィジカル・グラフィティ』が好きなので、75年と77年のライヴをよく聴く。『Listen To This, Eddie 』や『For Badgeholders Only』といった名盤が多い77年もいいが、USツアーの良好なSB音源や英国凱旋公演のアールズ・コートもある75年のステージもいい。

 75年の2月24日に『フィジカル・グラフィティ』がリリースされ、それに合わせて前月1月18日のミネアポリスを皮切りに、大規模な全米ツアーがスタート。しかし、ツアー開始後間もなくロバート・プラントが風邪をこじらせ、26日のセントルイス公演はキャンセルとなってしまった。ツアーが始まった頃には「When The Levee Breaks」や「The Wanton Song」も演奏されていたが、ロバートの体調不良以降はセットリストから外れている。

 この日は3日間の休養後に再開されたツアーで最初のステージとなったノースキャロライナ州グリーンズボロ公演。プラントもかなり復調したようだが、音質があまりよくない。そのため、演奏自体もなんとなく精彩を欠いているように感じられるが、よく聴くと標準的なレベルに戻っているような気がする。『コンサート・ファイル』によれば、ステージ終了後の騒ぎを避けるため、メンバーは大急ぎで会場を後にしたということで、『A Quick Get Away』というタイトルは、それに由来するのだろう。無理して聴かなくてもいいレベル....が手持ちの75年アイテムのうち日付が一番早いのはチト残念だが、今後盛り上がる全米ツアーとアールズコートに期待。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

HEAVEN UP HERE / ECHO & THE BUNNYMEN [エコー&ザ・バニーメン]

DSCF3163.JPG

ヘヴン・アップ・ヒア / エコー&ザ・バニーメン
 01. Show Of Strength
 02. With A Hip
 03. Over The Wall
 04. It Was A Pleasure
 05. A Promise
 06. Heaven Up Here
 07. The Disease
 08. All My Colours
 09. No Dark Things
 10. Turquoise Days
 11. All I Want
 12. Broke My Neck (Long Version)
 13. Show Of Strength (Live)
 14. The Disease (Live)
 15. All I Want (Live)
 16. Zimbo (Live)

 エコバニ(バニーズ?「マクドかマックか」みたい)の1~3枚目はどれも出来が良く、最高傑作は?と問われても即答できず、仕方なく「とりあえずファースト聴いてみて」ということになる。確かに80年代のUKニュー・ウェーヴを回顧する特集では、彼らのファーストが紹介されることが多い。しかし、アルバム全体に漂う緊張感、さらにそれらとは相容れないような深みと繊細さを兼ね備えているといった「'80s New Wave感」から、私はこのセカンド(81年)をあげたい。暗闇から光に向かって突き進むような「A Promise」(アナログではA面ラスト)からと「タイトルナンバー「Heaven Up Here」への、一呼吸置いたつながりが大好きだ。トーキング・ヘッズ的アフロ・ビートの「All My Colours」の、「Zimbo」への進化も興味深い(トーキング・ヘッズの『リメイン・イン・ライト』がリリースされたのは、このアルバムがリリースされる前年1980年である)。「It Was A Pleasure」「All I Want」でのイアンは、デヴィッド・バーン的な雰囲気も感じられる。

 憂鬱ながら深みのあるヴォーカル、空気を切り裂いて空高く広がっていくようなギター、リズム・セクションのタイトで硬質なグルーヴ感....すべてが素晴らしい。こうしたサウンドを支えているのは、ヒュー・ジョーンズによるプロデュース。ひんやりとした独特な空間を感じさせる感覚は、ジャケット写真そのまま。しかし奇跡的な化学反応のように思えるこのテンションの高さを持続できるはずもなく、以降の彼らは徐々にエッジが感じられないサウンドになっていく。
 
 正直言って、50歳を過ぎた現在聴くのはつらい作品。「天国はこにある」と言われても、ザ・スミスやロータス・イーターズのように「日常に疲れたときに聴きたくなる音楽」ではない。今の僕には、エコバニなら4枚目『オーシャン・レイン』がいちばんしっくりくる。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

REPLICAS / TUBEWAY ARMY [ゲイリー・ニューマン]

DSCF3123.JPG


「幻想アンドロイド / チューブウェイ・アーミー」
 01. Me! I Disconnect From You
 02. Are 'Friends' Electric?
 03. The Machman
 04. Praying To The Aliens
 05. Down In The Park
 06. You Are In My Vision
 07. Replicas
 08. It Must Have Been Years
 09. When The Machines Rock
 10. I Nearly Married A Human



 「今聴いても新鮮」とは決して言えないが、パンク~ニューウェイヴへの過渡期を象徴するアーティストの一人がゲイリー・ニューマン。彼が敬愛する(ジョン・フォックス時代の)ウルトラヴォックスはパンク寄りで、ゲイリーはテクノ寄り。もっとも今聴くと、ゲイリーも結構パンキッシュかも。『REPLICAS(邦題『幻想アンドロイド』)』(1979年)は、彼がチューブウェイ・アーミーの名義でリリースした最後の作品であるが、ドラムとベース以外の楽器はゲイリーが演奏しており、またプロデュースおよびソングライティングも一人で行っていることから、実質的には彼のソロ作品である。

 当時のゲイリー・ニューマンの人気がいかに凄かったのかということを示すため、いつも引き合いに出されるのが、次作『The Pleasure Principle』(79年、邦題は『エレクトリック・ショック!』)が、「レッド・ツェッペリンが3年ぶりにリリースしたアルバム『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』をチャートのトップから引きずり下ろした」ということ。確かに象徴的な事実だとは思うが、「ビートルズの『アビー・ロード』をキング・クリムゾンの『クリムゾン・キングの宮殿』がトップから引きずり下ろした」に比べると、小物感は否めない。それは『アビー・ロード』『宮殿』両作品の圧倒的なクオリティの高さと、その一方で『アウト・ドア』の「イマイチ感」に起因するのだろう。もっとも、当時ZEP命の中学生だった私は、ゲイリー・ニューマンを「ツェッペリンを貶めたアーティスト」として認識したのだが。

 自らをアンドロイドに見立て、引きこもり的な歌詞を(当時としては)斬新なエレクトロニクス機器を用いて演奏する彼は、79年当時最先端であったが、僕にはYMOで十分だったし、「エレクトリック・フレンズ」や「カーズ」は好きだったが、アルバム買って聴くほどのファンではなかった。
 
 10年ちょっと前、『アサイラム』という集大成的なボックス(3セット分売で全9枚セット)が安く売っていたので購入。ジャケットの写真はイマイチだが、ボーナストラックも含めて全収録曲の歌詞と対訳をつけるなど、かなりの労作だった。

 2017年の今聴いて確認できたのは、この人のメロディ・メーカーとしての才能の高さ。耳に残るシンセのフレーズに、メロディアスな曲調というコンセプトは、ヒューマン・リーグやOMDに受け継がれる。一聴しただけでは、シングル・カットされた「Down In The Park」(マリリン・マンソンやフー・ファイターズがカヴァー)や「Are 'Friends' Electric?」ばかりに耳が向いてしまうが、近未来SF映画のサントラのような、インストの「 I Nearly Married A Human」などは、彼の引き出しの多さを感じさせる。このアルバムにはボウイの『スペース・オディティ』からの影響を感じる点もあり、時にはジェンダー・ベンダー的な印象も感じられたことから、この頃のゲイリー・ニューマンはグラム・ロックの延長線上にいたのかもしれない。

1997年リイシュー盤のボーナストラック。『アサイラム』収録のCDにも収録されている。
 11. Do You Need the Service?(「Down in the Park」のB面)
 12. The Crazies(コンピレーション『1978 / 1979 Vol.2』に収録)
 13. Only a Downstat( 〃 )
 14. We Have a Technical( 〃 )
 15 .We Are So Fragile (「Are 'Friends' Electric?」のB面)
 16. I Nearly Married a Human 2(「Down in the Park」の12インチ)

2008年には、『Replicas "Redux"』というタイトルで、初期ミックスを加えた2枚組(リミックスを加えた限定3枚組もあり)のボックスがリリースされた。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -